仮想通貨ネム(NEM)の仕組みとその概要とは?徹底解説!

今回は仮想通貨のネム(NEM)の仕組みとその概要について解説していきます。また、仮想通貨ネムの取引をこれからはじめたいという方は下記取引所にまずは登録をしましょう。

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

仮想通貨ネム(NEM)の仕組みとその概要とは

ネム(NEM)は、リードエンジニアとして日本人の武宮誠氏が関わっています。日本の暗号通貨取引所「Zaif」の運営会社テックビューロ社が開発するプライベートブロックチェーンのミジン(mijin)は、このネム(NEM)の技術をもとにしています。

 

“A new economy starts with you.”というモットーを掲げており、コミュニティ志向で平等な分散型プラットフォームを作り出すことを目標としています。

 

なお、ネム(NEM)の由来は、New Economy Movementの頭文字です。

 

ネム(NEM)の機能としては、独自トークン発行、分散型取引所、マルチシグネチャー、メッセージ送信などが利用可能です。ネム(NEM)独自のものとして、Proof of Workに対してProof of Importanceという独自システムが使われている他、ネットワークに参加しているノードを互いに評価し合う「Eigen Trust++」という評価システムが導入されています。

 

また、ネム(NEM)における独自トークンはモザイク(Mosaic)と呼ばれています。

 

このモザイクを発行するためには、インターネット上のドメインに似たネームスペース(Namespace)というものを取得する必要があります。ネムネットワーク内ですでに利用されているネームスペースは、利用できないなどブロックチェーン上での、独自性が担保されます。

 

モザイクの取引時にネム(NEM)を含む任意のモザイクを徴収し、モザイクの発行者に還元する機能や、ユーザー間のモザイクの取引を一部制限するということも可能です。

ネム(NEM)の基本情報

  • 名称:NEM
  • 呼び方:ネム
  • コード:XEM
  • 開発者/開発組織:Utopianfuture
  • 暗号化方式:Ed25519
  • コンセンサスアルゴリズム:Proof of Importance
  • 承認目安時間;約1分
  • 上限発行量:89億

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

 

富の偏りの解決を目指すプルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance)

ネム(NEM)は、独自に開発したプルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance,Pol)という承認の仕組みを導入しました。ネム(NEM)は、最初にコインが全て発行されているので、報酬は取引手数料が原資となります。

 

ネム(NEM)が採用したPolは、PoSの課題を解決するために開発されました。では、ネム(NEM)開発者たちの考えるPoWとPoSの課題について少し見ていきましょう。

 

PoWは、分散型ネットワークの運営のために、計算に用いられる膨大な量のコンピューターを動かす電力が必要です。そのため、大規模なサーバー施設を持っている一部の人間に報酬が偏り、お金持ちがさらにお金を得る仕組みとなっているのです。

 

つまり、誰もがネットワークを支えるノードの参加者となれる一方で、報酬が平等に分配されずに一握りのお金持ちに富が流れていく可能性があります。

 

このネム(NEM)の開発者は、この富の偏りの課題はPoSでも完全な解決にはならないと考えました。PoSでもお金持ちの方がコインの保有量を増やすことが可能なため、保有しているコインが多いほどマイニングの成功率があがるPoSの場合でも同様の結果となります。

 

では、Polはどのようにしてその課題を解決しようと考えているのでしょうか。

 

Polでは、ネムコミュニティへの貢献度によって独自の指標である「重要度」を定める仕組みになっています。重要度の高いユーザーからブロックを生成し、報酬を得ることができます。

 

このユーザーの重要度は、実際は複雑な計算式で決定されます。シンプルにいうと、どれだけコイン(XEM)を持っているか、どれだけ取引を行ったかという2つが大きく影響しています。

 

そのため、ただコインを多く保有しているだけでは「重要度」が高いと評価されずにコインを他者と取引することも必要となるため、必然的に富の配分が行われるということになります。

 

また、同一アカウント間で何度も取引を繰り返しても重要度の計算に入らないように設定されているため、意図的に重要度をあげることは難しくなっています。

 

このようにネム(NEM)は、マイニング方式に富の配分を促すような仕組みを取り入れていることが特徴のプロジェクトです。

 

まとめ

今回は、仮想通貨”ネム(NEM)”の仕組みについて解説しました。

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

GMOコイン

・500円でも100万円でも提示された金額で取引可能

・即時入金、出勤が無料

・最短で登録して翌日から取引可能

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

Bitbank(ビットバンク)

・ビットバンクはメイカー、テイカーの取引手数料が共に無料!

・現物取引に対応!

・顧客第一を考えた対応!

・アルトコインがおトクに購入できる!

・キャンペーンが随時行われている!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です