夏休みに子供とディズニーランドを楽しむための5つの節約術!

東京ディズニーランド

出典 http://tdrlove.com/disneyland/tdr0200.html

 

東京ディズニーランドは言わずと知れた日本有数の人気観光スポット!

 

この夏休みなんかに子供と行きたいけどどうしても家族連れだと高額になってしまうということもあり、避けてしまう方も少なくないと思います。

 

しかし、実は東京ディズニーランドも出費を抑え節約しながら楽しむ方法があるのです。

 

子供たちも「せっかくの夏休みだしディズニーランドに行きたい!」なんて口にするのではないでしょうか?

 

今回はそんな時に必見な「夏休みに子供と東京ディズニーランドを楽しむための5つの節約術」をご紹介します。

 

夏休みに子供とディズニーを楽しむための5つの節約術!

東京ディズニーランド 2

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp/blog/160303/

⒈まずはチケット代をなんとか抑えたい!

普通、東京ディズニーリゾートのチケットは1デー・パスポート」と呼ばれるものです。

 

この「1デー・パスポート」は「ディズニーランド」か「ディズニーシー」のどちらかで、開園から閉園まで1日中アトラクションに乗り放題で遊ぶことができるというチケットです。

 

そしてこの1デー・パスポート」は、2000年の大人1人5500円の時代から値上げし続け、2016年現在で大人1人7400円です。なんとこの16年間で2000円近くも値上がりしているのです。

 

しかしこの高額なディズニーチケットをなんとか値下げして購入したいですよね。そこでこの時期限定でチケットが安くなるサービスがあるようなのでまとめておきます。

 

✔︎首都圏ウィークデーパスポート

2016年4月6日〜7月15日まで首都圏に住んでる方、在学している方、勤務している方で平日限定になってしまうのですが、大人1人7400円➡︎6800円、中人1人6400円➡︎5900円、小人1人4800円➡︎4400円1デー・パスポート」が購入できるのです。

首都圏ウィークデーパスポート

 

✔︎「ファンダフル・ディズニー」メンバー限定の特典サービス

対象期間は2017年3月31日までで、東京ディズニーリゾート公式のパークファンクラブ「ファンダフル・ディズニー」に入会すると会員報、メンバーズカード、スペシャルグッズがもらえるだけでなくウィークデーパスポートと同じく大人1人7400円➡︎6800円、中人1人6400円➡︎5900円、小人1人4800円➡︎4400円1デー・パスポート」が購入できるのです。

ファンダフル・ディズニー

 

✔︎65歳以上ならシニアパスポートでおトクになる!?

65歳以上の人はシニア・パスポートでおトクになります!大人7400円のチケット料金が6700円になります。

 

✔︎平日午後5時から利用可の「夏5ウィークデーパスポート」を使おう!

2016年7月19日〜8月31日までの平日の期間内で、夕方午後5時から大人1人4400円で入園できる破格のチケットなのです。

「朝から行っても子供も夕方には疲れ切ってしまって、夜は早めに帰りパレードが見れない」なんていう残念なパターンになるのであればいっそ夕方5時からおトクに楽しんでみてはいかがでしょうか?

夏5ウィークデーパスポート

 

スポンサーリンク

 

⒉地方からの方はツアーパックがオススメ!

東京ディズニーランド 4

地方から夏休みに子供連れで東京ディズニーランドに来るなら、旅行会社のツアーパックが手間とコスト抑えることができます。

 

この東京ディズニーランドへのツアーパックが充実している旅行会社はJTBです。

 

サービスと東京ディズニーランドまでの距離を求めるのであれば、ディズニーのオフィシャルホテルになるのですが、節約旅行というのを考えるとここは浦安市内に多数ある別のホテルを探すというのも宿泊費を抑える上での1つの手と言えるでしょう。

 

⒊ピクニックエリア活用でご飯代節約!

東京ディズニーランド 5

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp/service/detail/str_id:tdl_picnic/

ディズニーリゾートのパーク内は、原則食事の持ち込みは禁止されています。パーク内のレストラン等だとお金もかかるし混雑での時間のロスを防ぐためにも、お弁当をもってピクニックエリアに行くというのもアリですね。

ディズニーリゾートのそれぞれのパークを出たところにピクニックエリアというのがあり、そこは持ち込みのお弁当などが食べられるエリアになっていて、出る際に再入園のスタンプを押してもらえばまた再入場ができます。

 

スポンサーリンク

 

⒋東京ディズニーリゾートのパーク内での節約を考えよう!

東京ディズニーランド 6

出典 http://otajo.jp/46741

東京ディズニーリゾートの平均客単価は約11000円で、そのうちの約4割が実は「お土産代やグッズ購入費用」なのです。

 

この4割をいかに減らせるかというのが、節約旅行のカギとなります!無駄な出費を防ぐためにも「あらじめ予算を立ててその中で買い物をする」や「早めに時間にお土産を買う時間を確保しておく」などの方法があります。

 

予算を立てておけば無駄な出費はしませんし、早めの時間帯にお土産を買う時間があれば閉園間際に焦って無駄な買い物をするという心配もありません。

 

このように高額な旅行になりがちな「東京ディズニーリゾート」でさえこのように一つ一つ気をつけて節約していけばそこまでの出費にはならないのです。

 

⒌東京ディズニーシーまでの交通費を節約!

東京ディズニーランド 7

出典 https://www.okuratokyobay.net/about/access/train_disney.html

舞浜駅から東京ディズニーシーについたらみなさん「リゾートライン」を使用する方がほとんどだと思いますが、その運賃は片道250円で往復500円です。

 

家族連れだとそこそこいい出費になってしまうと思います!正直歩いても20分弱くらいなのでそこまで遠くありません。

 

ディズニーの雰囲気を楽しみながら家族で歩いたらあっという間です!

 

まとめ

今回はこの夏休みに子供と家族連れで東京ディズニーランドを利用する際に必見の5つの節約術をご紹介しました。

 

あなたもぜひこの夏休みは楽しく節約しながら、家族で東京ディズニーランドに行ってみてはいかがですか?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

あなたにオススメの記事

夏の節約デートはコレだ!オススメの2016年関東エリア花火大会10選!

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/natsu-senpuuki-denkidai-setsuyaku/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/aircon-denkidai-setsuyaku/

月15000円の節約!モバイルWi-Fiルーターで通信費削減!?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です