夏に扇風機を活用して電気代を節約!?今すぐチェックすべき4つのポイントとは

夏に扇風機を活用して電気代を節約!?今すぐチェックすべき4つのポイントとは

夏に入ると気温も上がり家に帰ると、部屋の中が蒸し暑くて死にそう‥

 

そんな時は「すぐエアコンのスイッチを入れて涼む!」という生活をしていませんか?

 

しかし、エアコンは電気代がかかるし、できることなら使いたくないですよね。夏場はいかにエアコンを使わないで生活できるかというのが電気代節約のカギになります。

 

資源エネルギー庁の統計によると夏場の消費電力の60%程度はエアコンの電気代なのです。

 

そこでエアコンの使用を極力控えて、もしくはエアコンの使用効率を最大限高めて夏場を乗り切るために今回は扇風機を使った夏場の電気代節約術をご紹介致します!

 

扇風機を使った夏場の電気代節約術とは?チェックすべき4つのポイント!

夏に扇風機を活用して電気代を節約!?今すぐチェックすべき4つのポイントとは

⒈夏場必見の扇風機節約術とは?

あなたも仕事などから帰宅した瞬間、部屋が暑すぎてすぐエアコンをつけたくなることってありますよね?

 

しかし、エアコンを安易につけてしまう前に、まず扇風機の風に当たって体温を下げてください。扇風機の風に当たることで人の体感温度はおよそ3度下がると言われいます。

 

それか、急ぎで部屋をとにかく涼しくしたいという場合には「扇風機を窓の外に向けて回す」という手段もアリです。

 

そうすることにより部屋から出て行く暑い空気の分、外の冷たい風が入ってくるのです。

 

扇風機の風に当たって体温が下がった後は、、

⒈エアコンを使用する場合‥エアコンの冷気を部屋全体に行き渡らせるために扇風機を併用しましょう。エアコンの真下に扇風機を置いて下向きに回すことにより下の方に溜まった冷気が上昇し部屋が全体的に効率良く涼しくなります。

こちらの方法でも設定温度より3度くらい体感温度を下げることが可能になります。

 

⒉エアコンを使用しない場合‥エアコンを使わないで扇風機を使った節約術としては、外の気温の方が室内の温度より低い場合、窓を全開に開けてその窓の前に扇風機を置くことにより、部屋の中に外の涼しい風が入ってくるので、効率良く部屋を涼しくすることができます。

 

また上の2つの場合のどっちにも限らずに、扇風機のポテンシャルを最大限に引き出す使用方法として、「何か浅い容器を氷で埋め尽くし、扇風機の前に置いて風を送る」という方法もあります。

 

これ以外の睡眠中の扇風機活用法として、体に直接風を当ててはいけないので、足元に扇風機を置いて扇風機の向きを体の方に向けるのではなくて、「反対に壁側に向ける」という方法があります。

 

こうすることによって、壁に当たっている風が跳ね返り、うちわで優しく仰がれている程度の風に変わり、体の熱を良い具合に冷ましていくことができるのです。この際に扇風機を「首振りモード」にしておくことによりさらに効果的です。

 

上記したように扇風機には夏場電気代を節約する上で様々な効率的な活用方法があるのです。

 

スポンサーリンク

 

⒉電気代を節約する上でそもそもの電気プランを見直してみる!

そもそも扇風機、エアコンなどにかかる電気代というのは今利用している電気料金のプランで設定されている単価により算出されているものですので、この電気料金をご自身またはご自身のご家庭の生活に合ったものに再度見直すことにより、無駄な電気代を省くことができ、節約に繋がります。

 

 

⒊エアコンと扇風機はどの程度電気代が違うの?

夏に扇風機を活用して電気代を節約!?今すぐチェックすべき4つのポイントとは

夏場は暑くてしょうがないのはわかりますが、エアコンを使用しすぎても電気代が恐ろしいことになります。

電気代を節約するために扇風機を使った方が良いというのはわかりますが、一体どの程度違うのでしょうか?

 

夏場の3ヶ月間、扇風機とエアコンを使うことによる電気代の差は、およそ10倍程度です。

 

一般家庭で使われる羽根径が30cm以上の扇風機で、基本的に65W以下になりますので、全て「強風」使用したと想定しても、扇風機の夏場3ヶ月間の電気代は1500円程度になります。

 

仮にこれがもし1人暮らし用の小型扇風機で「強風」で使用したと想定すると、夏場の3ヶ月間の電気代は600円程度です。この程度であれば全く電気代は気にならないですよね!

 

これに比べて、エアコンはだいたい上記した扇風機の10倍程度の電気代が目安です。どれだけ「扇風機を活用できるか」ということが夏場の電気代節約に繋がるかが分かりますよね。

 

節約という意味でもそうですが、扇風機は環境にも優しいのでぜひオススメです!

 

スポンサーリンク

 

⒋省エネ扇風機を活用しよう!

夏に扇風機を活用して電気代を節約!?今すぐチェックすべき4つのポイントとは

扇風機を省エネの扇風機にするだけでも電気代はかなり変わってきます。そもそも安い扇風機の電気代をさらに安くできるのです。

 

これについては、この省エネの扇風機の中でも、消費電力をかなり抑えることができる「DCモーター」と呼ばれるものを使っている扇風機はかなり良いのでオススメです。

 

「DCモーター」を使用している扇風機を1時間使った時に発生する電気代は「最小」運転時で0.05円とかなり破格なため、この暑い夏の電気代節約に貢献してくれる必須アイテムと言えるでしょう。

  

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は扇風機で電気代を節約するための活用法についてご説明しました。

 

上記したことには、誰にでもすぐに実践できることもありますので是非参考にしてみてください!

 

あと扇風機を使う際の注意点として、上記でも少し述べましたが、睡眠時の扇風機の風のあたりすぎには十分注意してください。

 

基本的に扇風機の風に当たることによって、人間の体感温度は3度低下しますので、長い時間扇風機の風を直接あたりすぎると、必要以上に体温が奪われてしまいます!

 

なので、睡眠時扇風機を使う際には、「首振りモード」「タイマー機能」などを使い長時間直接風が体に当たるのを避けて使用してくださいね。

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

あなたにオススメの記事

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/aircon-denkidai-setsuyaku/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/mobile-wi-fi-router-setsuyaku/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/osusume-kakuyasu-sim-sumaho/

0円でスマホを持つ!?格安SIMを解説します!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です