定年後が不安!国民年金を早くもらう方法ってあるの?

勤務先の定年は60歳です。家族の介護があるので、定年後は再就職しないつもりですが、国民年金がもらえる65歳までの5年間が無収入になりとても不安です。早く終わる方法は無いのでしょうか?

 
今回はこの質問に答えるべく”国民年金を早くもらえるのか”ということについて解説していきます。
 

スポンサーリンク

 

国民年金は早くもらえるの?

後述しますが、結論からいうと国民年金は原則65歳からの給付となっていますが、希望すれば60歳から65歳になるまでの間に繰り上げて受け取ることが可能です。ただし、これには注意点もありますのでしっかりと条件を把握しておきましょう。

そもそも国民年金とは

制度の概要

日本の公的年金で、日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければなりません。
 
 
障害をおうと「障害基礎年金」が、被保険者が死亡すると遺族に対して「遺族基礎年金」が、原則65歳上になると「老齢基礎年金」が、一定の要件を満たせば支給されます。

被保険者

加入者のことを被保険者と言い、第1号、第2号、第3号の3つに分類されます。 
  • 第1号被保険者‥自営業者、学生、フリーター、無職の人など
  • 第2号被保険者‥厚生電気に加入している会社員、公務員等
  • 第3号被保険者‥第2号被保険者に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の人のこと。ただし年収に制限があり

年金保険料は?

保険料と納付方法

第1号被保険者は自分で年金を収めます。2017年度の保険料は1ヶ月16,490円です。
 
 
第2号被保険者の保険料は厚生年金保険料に含まれていて、給料から天引きされます。
 
 
第3号被保険者の保険料は、配偶者が加入する年金制度(厚生年金や共済組合など)が負担するので自分で納めなくて良いです。
 

保険料の免除・猶予

経済的な理由で保険料を納める事が難しい場合は、未納のまま放置せずに役所で手続きをしましょう。保険料の納付が免除される制度があります。免除制度には、前年の所得に応じて、

  • 全額免除
  • 4分の3免除
  • 半額免除
  • 4分の1免除

があります。

また、学生や20歳から50歳未満は納付猶予制度があります。免除や猶予になった期間も、年金の受給資格期間には算入されます。しかし、年金額を計算するときは、保険料免除は保険料を納めたときの2分の1になります。

 

10年以内であれば免除や猶予になった保険料を後から納めることで、受給する年金額を満額に近づけることが可能です。保険料免除・納付猶予が承認される期間は、申請時点から2年1ヶ月前までさかのぼって申請することが可能です。

スポンサーリンク

 

年金の給付は?

受給の条件

「老齢基礎年金」を受給するには25年間以上保険料を納めることが必要でしたが、2017年8月から受給資格期間が10年に短されます。(年金支給は10月以降)。

 

「障害基礎年金」「遺族基礎年金」を受給するには、原則保険料納付期間(免除期間を含む)が、被保険者期間の3分の2以上あることが必要です。

受給の年齢

「老齢基礎年金」は原則として65歳から受給することにができます。先述した通り、「老齢基礎年金」は希望すれば60歳から65歳になるまでの間でも繰り上げて受けることができます。これについての注意点として、早くもらえる代わりに支給額が減額され、その減額率は一生変わりません。

 

補足として、逆に「老齢基礎年金」は希望すれば、66歳から70歳に繰り下げて受給することが可能です。その場合は、増額されてその増額率は一生変わらず続きます。

POINT

2017年4月から年金支給額は前年度から0.1%引き下げ、老齢基礎年金は月額64,941円になりました。これは物価変動、資金水準ともにマイナスとなったためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です