ネームコイン(Namecoin)とは!?その概要を徹底解説!

今回は仮想通貨である”ネームコイン(Namecoin)とは”ということについて少し見ていきましょう。

また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は下記取引所からまずは登録しましょう。
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

ネームコイン(Namecoin)とは!?その概要を徹底解説!

ネームコイン(Namecoin)とは、ビットコインにDNS(Domain Name Service)機能を付加したコインです。このDNSとは、インターネット上のウェブサイトとURLを紐づける仕組みといえばわかりやすいですね。例えば、インターネット上の住所を示すIPアドレスのまま表現すると「http://202.12.30.144/」となりますが、これを例えば「http://google.com」と同じ要領で私たち素人でも理解できる名前と紐づける仕組みのことです。

 

現在、ネームコイン(Namecoin)では「.bit」を含むサイトURLをただブラウザ上に入力したとしても閲覧することができません。閲覧するためには、Firefoxなどのブラウザ用に公開されている専用のプラグインを追加することで閲覧できるようになるのです。この「.bit」ドメインは、インターネット上のポリシーなどの取り決めを行っている米国の非営利組織「ICANN」の管理下にはありません。

仮想通貨博士
これは見方を変えると良くも悪くも本当の意味での自由なインターネット空間と言えるかもしれないのお。
生徒
本当の意味での自由なインターネット空間‥すごいですねえ‥

ネームコイン(Namecoin)の構想については、2010年9月の段階からビットコイン(Bitcoin)に関するフォーラムである「Bitcointalk.org」上で、「BitDNS」として議論がなされていました。この「Bitcointalk.org」が、このプロジェクトに報酬を出すことを発表し、2011年4月にVincedという人物によりネームコイン(Namecoin)が開発され、ライトコイン(Litecoin)と同じようにGithub上に公開されました。

ネームコイン(Namecoin)基本情報

  • 名称:ネームコイン(Namecoin)
  • コード:NMC
  • 開発者/開発組織:Vinced
  • 暗号化方式:SHA-256
  • コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work
  •  承認目安時間:約10分程度
  • 上限発行量:2100万

また、このネームコイン(Namecoin)は、ビットコインと同じ仕組みをもってして同時にマイニングができる”マージマイニング”という特徴を持っています。

生徒
難しい単語が出てきた‥”まーじまいにんぐ”
仮想通貨博士
まあ、分からないと思うので解説しておくと、”マージマイニング”とは、仮想通貨のネットワークを構成する”ノード”が報酬を得るために行うマイニング作業を、複数のブロックチェーンで同時に行うということじゃ!

同じ暗号化方式をとっているブロックチェーン同士であれば、計算方法が同様なので、計算の仕組みを使い回すということができます。例えば、ビットコインとネームコインのように暗号化方式が同じ暗号通貨ペアがあるとします。

 

ビットコインのマイニングの作業のために行った計算結果として利用していきます。そうすることで、ビットコイン側では計算結果が適合しない場合であっても、ネームコイン側では適合するといったことが起きて、ネームコイン側で報酬を支払うことができます。そのため、マイニングで報酬を得ているマイナーにとってメリットがあるというワケです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

どこまでも広がるネームコイン(Namecoin)の可能性とは?

ネームコイン(Namecoin)は、DNS機能の他にも様々な使用方法があります。2013年4月には、NameIDOpenIDという機能がリリースされました。

生徒
このNameIDOpenIDっていうのは、何ですか!?
仮想通貨博士
まず、NameIDとは、個人情報をネームコインのブロックチェーン上で認証する機能じゃよ!もう一つのOpenIDとは、そのネームコインによる認証を用いて、既存のウェブサイトへのログインを許可する機能と言えばわかるかのぅ。
また2014年5月には「Monegraph」というネームコインのブロックチェーンを用いて、オンライン上のデジタル作品をクリエイターのTwitterアカウントと結びつけ、著作権を保護するプロジェクトも動きだしました。

まとめ

今回はネームコイン(Namecoin)の仕組みについて詳しく解説しました。

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

世界トップクラス仮想通貨取引所バイナンス

・取り扱いの仮想通貨が豊富
・取引手数料0.1%という圧倒的安さ
・さらにBNBトークンを使うと業界最安値の取引料0.05%
・世界でトップクラスの仮想通貨取引所
  ・24時間以内の取引量が2BTC以内であれば本人確認不要
・セキュリティがしっかりしており資産保全に最適
・日本語に対応しているためとても使いやすい

Coincheck(コインチェック)

・全13種類の仮想通貨の取り扱いがある

・アプリも充実しており初心者が見やすいチャート

・ほとんどの通貨をオフラインで管理

・テレビCMを放映

・日本円の入金がクレジットカードでも可能

・アルトコインも日本円から直接購入できる

・最大5倍のレバレッジで取引が可能

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です