ライトコイン(Litecoin)とは!?その3つの特徴を解説します。

今回は”ライトコインとは”というところに注目して、その3つの特徴について解説をしていきたいと思います。また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は下記の取引所にまずは登録しましょう。

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

ライトコイン(Litecoin)とは!?その3つの特徴を解説します。

そもそも”ライトコイン(Litecoin)”とは

ライトコイン(Litecoin)とは、2011年10月にソースコードの共有サービスである”Github”上で、元Googleの社員であったCharles Lee(チャールズ・リー)さんという方によって公開されたものです。ライトコイン(Litecoin)は、数多くあるアルトコインの中でも最初の方に作成された仮想通貨で、ビットコイン(Bitcoin)のプログラムコードに基づいて作られています。

 

そのため、基本的な仕組みはビットコイン(Bitcoin)と同じですが、ビットコインよりも取引承認の速度が速いということで注目を浴びて、現在でも流通総額では上位にはいっており、世界中で取引されている仮想通貨の1つです。ライトコインは承認時間が約2分半と、ビットコインの約10分というものに対しておよそ4分の1であることが大きな特徴ですね。

 

その他にも暗号化方式がビットコインが採用しているSHA-256ではなくて、Scryptを採用してる部分や、コインの発行量がビットコインのおよそ4倍にあたる部分など多少仕組みが異なります。

生徒
ビットコインとライトコインの大きな違いとしては、承認時間、発行量、暗号化方式という点があるんですね!
仮想通貨博士
その通りじゃ!これら3つの違いについては詳しくあとで説明するのでしっかり覚えて帰るのじゃよ!
ライトコイン(Litecoin)の基本情報

  • 名称:ライトコイン(Litecoin)
  • コード:LTC
  • 開発者/開発組織:Charles Lee
  • 暗号化方式:Scrypt
  • コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work
  • 承認目安時間:約2.5分
  • 上限発行量:8400万

 

ライトコイン(Litecoin)の3つの特徴とは

先述したように、ライトコイン(Litecoin)は承認時間やコインの発行量、暗号化方式の3つの点でビットコインと異なった特徴を持っています。これについて、詳細を見ていきましょう。

1.承認時間について

まず、承認時間が2分半とビットコインと比較してかなり短時間で済むという点で、利用者の便利さにおいて有利です。その他にも、悪意のある攻撃などに使われる「ダブルスペント(二重払い)」を防止しやすいというセキュリティ面の利点もあります。

生徒
博士!この”ダブルスペント”って一体何ですか?
仮想通貨博士
この”ダブルスペント”とは複数の人に送金をすることで、ある人への送金が正しく行われないことを指すのじゃ!

その一方で、承認時間(ブロック生成時間)が短いことで、改ざんなどに対するセキュリティレベルが低くなるという恐れや、ブロックチェーンのデータがサイズがより大きくなってしまうという仕組み上のデメリットとのバランスが懸念されています。

POINT

  • Aさんが自分の持ち金全てをBさんに送り、同時にCさんにも送金を行う。
  • しかし、Cさんへの送金が先にブロックチェーンに記録されると、Bさんに送られるハズだったお金はすでにCさんの元にあるためのBさんへの送金は無効となってしまいます。

2.コインの発行量について

次にコインの発行上限が8400万である点ですが、これはビットコインのインフレ率に合わせるための数値設計がなされていました。ビットコイン(Bitcoin)では、約10分ごとにマイニングの報酬として新たなビットコインが生成されます。

生徒
ここでもわからない単語が‥マイニングって何ですか?
仮想通貨博士
このマイニングというのは、採掘するという意味で、簡単に説明すると仮想通貨の暗号化システム、取引履歴の記録システムに参加する”ということじゃ!

しかし、ライトコイン(Litecoin)の場合は、承認時間が約2分半と短く、コインが新たに生成される頻度がよりたくさん増えるということになります。ライトコインは、報酬額の設定がビットコインと同じです。承認数が増えることによってコインの発行量の4倍に設定されて調整されているというワケです。

3.暗号化方式について

次に採用された暗号化方式ですが、ライトコイン(Litecoin)が採用している《Scrypt》は、公開当時ビットコインの採用しているSHA-256よりも計算が複雑であり、マシンメモリをより多く必要としました。公開当時、ビットコインのマイニングは、マイニング専用のハードウェア(ASIC)の導入によりマイニングの難易度が急上昇していたため、まだASICの開発がなされていない《Scrypt》は画期的でした。

 

しかし今は、Scryptに対応したマイニング専用ハードウェアASICの開発が完了して発売されています。またSHA-256とは異なり、このScryptはこれまであまり使用されてこなかった暗号化方式の関数(ハッシュ関数)を使用しているという点で、今後何らかの脆弱性が発見されるのではないかと思います。

まとめ

今回はライトコイン(Litecoin)の仕組みについて詳しく解説しました。

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

GMOコイン

・500円でも100万円でも提示された金額で取引可能

・即時入金、出勤が無料

・最短で登録して翌日から取引可能

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

Bitbank(ビットバンク)

・ビットバンクはメイカー、テイカーの取引手数料が共に無料!

・現物取引に対応!

・顧客第一を考えた対応!

・アルトコインがおトクに購入できる!

・キャンペーンが随時行われている!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です