仮想通貨”リスク(Lisk)”についてその仕組みと概要とは

今回は仮想通貨リスク(Lisk)についてその仕組みと概要を解説していきます。

また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は《簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck》または大手仮想通貨取引所のビットフライヤーから取引を開始しましょう。 
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨”リスク(Lisk)”についてその仕組みと概要とは

リスク(Lisk)は、2016年前半にMsx Kordek氏とOlivier Beddows氏が、Cryptiからフォークを行い開発したDapps構築プラットフォームです。

イーサリアムとの大きな違いは、Dappsを一つのブロックチェーン上に全て構築するのではなく、それぞれサイドチェーン化することにより実現する点です。また、イーサリアムではスマートコントラクトを記述する際にプログラミング言語として独自言語のSolidityを採用しており、ビットシェアーズ1,0のものをもとにしています。

ビットシェアーズとの差を見ることで理解を深めていきましょう。

まず、取引の継承者である「delegate」(ビットシェアーズでいう「witness」)が101人存在します。しかし、「Committee」や「Workser」は存在しません。また、ビットシェアーズでは取引手数料の一部から報酬が支払われていたのに対して、リスクでは新規発行された仮想通貨のリスク(Lisk)が支払われます。

報酬は1年目は、1ブロックにつき5Liskのですが、その後1年毎に1Lisk/ブロックずつ減少し、5年目以降は1ブロックにつき1Liskで固定となります。DPOSの詳細についてはビットシェアーズの記事を参考にしてください。

リスクもクラウドセール(ICO)を2016年2月から4月の間に実施しており、Microsoft社とのパートナーシップ発表などの良い情報が重なり、約6億円を集めました。

”リスク(Lisk)”の基本情報

  • 名称:Lisk
  • 呼び方:リスク
  • コード:LSK
  • 開発者/開発組織:Msx Kordek、Olivier Beddows
  • 暗号化方式:SHA-256
  • コンセンサスアルゴリズム:Delagated Proof of Stake(DPOS)
  • 承認目安時間:約10秒
  • 上限発行量:上限なし

▶︎種類が豊富なコインチェックからリスクの取引を開始する!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
オススメの仮想通貨取引所「Zaif』

  • Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!
  • ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!
  • テックビューロの運営体制が万全!
  • Zaifでしか買えないコインがある!

▶︎「Zaif」から仮想通貨の取引を開始する!

 

サイドチェーンを用いたDapps構築プラットフォーム

先述した通り、イーサリアムとの大きな違いはDappsの構築方法にあります。イーサリアムでは、イーサリアムのメインのブロックチェーン上にスマートコントラクトを記述してDappsを構築します。

その一方で、リスクはDapps毎にサイドチェーン化ししで構築を行います。そのため、Dappsの開発者はリスクのメインのブロックチェーン自体に記述を行うことはできません。

サイドチェーン上で、Dappsを構築するために、開発者はまずブロックチェーンを構築することから始めます。その際、ブロックチェーンの承認者(delegate)を選定する必要もあります。

Dapps開発者が承認者を選ぶことができるので、このサイドチェーンはプライベートチェーンとも言えるでしょう。今後、コンセンサスアルゴリズムの設定も可能となる予定で、ビットコインのようなPoWやイーサリアムのようなPoSを導入したパブリックチェーンを作ることも可能だと期待されています。

サイドチェーン化を行うメリットは主に2つあります。ネットワークの拡大性と開発の柔軟性です。

まず、ネットワークの拡大性ですが、ひとつのブロックチェーン上で複数のDappsを稼働させた方が負荷が少なく、処理能力が向上するというのはイメージがしやすいかと思います。

また、リスクのメインのブロックチェーン上にはDappsが構築されないので、メインのブロックチェーンの処理能力も向上します。次に開発の柔軟性としては、ブロックチェーンの設定を自由に変更できることで、より自由度が高いプラットフォームになることが挙げられます。

また、イーサリアムの場合は、一度ブロックチェーン上に記述されたスマートコントラクトを変更することは、容易ではありません。しかし、リスクのサイドチェーンはプライベートチェーンであるため、Dappsの開発者によるコードの変更が容易になります。

これまでサイドチェーン化のメリットについて触れましたが、デメリットも存在します。それは、サイドチェーンを構築する際に、承認者を開発者側で用意する必要があるという点です。

また、サイドチェーンの利用者数の規模が小さい場合、セキュリティが担保されない可能性があります。

▶︎種類が豊富なコインチェックからリスクの取引を開始する!

メインチェーンとサイドチェーンのイメージ

  • イーサリアムの場合

ひとつの土台の上にいくつもプロダクトを作っていく。

  • リスクの場合

ひとつの中心に大きい土台があり、その周りにプロダクト毎の土台を個別に作っていく。

まとめ

今回は仮想通貨リスク(Lisk)についてその仕組みと概要について解説しました。

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 

普通に仮想通貨の取引を今から始めたいという方も、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ビットフライヤー

また、仮想通貨取引所の大手ならビットフライヤーがオススメですのでそちらもぜひご利用ください。1つの取引所だけじゃなくて複数の取引所に資産を分散させることもリスクヘッジになります。ビットフライヤーの申し込みは下記リンクからどうぞ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
オススメの仮想通貨取引所「Zaif』

  • Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!
  • ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!
  • テックビューロの運営体制が万全!
  • Zaifでしか買えないコインがある!

▶︎「Zaif」から仮想通貨の取引を開始する!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です