休業手当金 〜医療保険制度〜

休業手当金 〜医療保険制度〜

休業手当金とは?

共済組合等に加入している方が、家族の病気等で仕事を休んだ時に給付されるのがこの「休業手当金」と呼ばれるものです。これは共済組合等にのみある給付になります。

 

家族の病気の看護などの際の仕事のお休みの間は、この「休業手当金」がカバーしてくれます。

【関連記事※どうやってできたの?日本の医療保険制度の歴史について!

 

スポンサーリンク

 

 

【受給要件】

下記のいずれかに該当して仕事を欠勤した場合に給付されます。

  1. 扶養家族が病気やケガの際に欠勤した全期間
  2. 配偶者の出産の際 14日間
  3. 加入者本人または家族の公務外の不慮の災害 5日間
  4. 本人の結婚、配偶者の死亡または、2親等内の血族及び1親等の姻族の冠婚葬祭 7日間
  5. 上記以外で組合運営規則に定められている場合 運営規則で定める期間

【関連記事※意外と知らない!?健康保険の加入条件とは

 

【給付額】

1日につき、国共済は標準報酬日額の50%相当額です。その他、地方共済は給料日額の60%相当額で、私学共済は標準給与日額の60%相当額です。

 

 

【手続き】

休業手当金請求書を加入する共済組合等までご提出ください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

【その他必要事項】

同期間に傷病手当金または、出産手当金の給付を受ける場合には、この休業手当金は支給されません。

 

【関連記事※医療保険制度の費用対効果を最大限まで高める方法!!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です