知らなきゃ損する!?組合健保の「付加給付」の実態とは

知らなきゃ損する!?組合健保の「付加給付」の実態とは

以前書いた記事【※あなたはどの種類!?3種類に分けられる健康保険!参照】で正社員の健康保険は協会けんぽ組合健保があるとお話致しましたが、その給付内容には圧倒的な差があります。

 

組合健保の方には、「法廷給付」とはまた別に組合健保独自の「付加給付」というものが存在します。

 

今回は、この「付加給付」というものがどいったものなのかということをご説明していきます。

 

医療保険で医療費を3割カバーする「一部負担還元金」とは!?

高額療養費制度を利用すると 60万の自己負担額がおよそ8万円程度まで下がることになるのですが、組合健保の中にはこれより更に自己負担額を減らしてくれる制度が存在するところもあるのです。

 

それが「一部負担還元金」と呼ばれるものになります。

 

また、これ以外にも「高額療養費の付加給付」と呼ばれる場合もあります。

 

例えば、1ヶ月の総医療費が100万円かかってしまったとして、組合健保加入者が3割の30万円を負担したとして、これに対して、高額療養費として後で21万円返金されることになります。ということは、付加給付のつかない組合健保に加入している方は、実質9万円の負担ということになります。

 

これに対して、付加給付のある組合健保加入者は、これにプラスして7万円が返還されるというしくみなので、結果として2万円のみの自己負担となります。

 

これは相当大きいですよね!だいぶ優遇されていると言えると思います!

 

これは以前お話した合算高額療養費についても1人2万円の自己負担になります。

高額医療費の請求時に役立つ「高額療養費」の申請とは?

 

ということは、同じ月に家族内で2人が高額療養費を払った場合であっても2人×2万円の4万円を超過した分に関しては全て還付されるということですよね!これは相当手厚く保障されている給付だと思います。

 

スポンサーリンク

 

「傷病手当金」にも付加給付!?健康保険のお得な給付!

知らなきゃ損する!?組合健保の「付加給付」の実態とは

突然の病気や怪我などの入院などで仕事を休業した際に休業4日目から、それまでもらっていた給料の3分の2を最長1年半保障してくれる「傷病手当金」ですが、ほとんどの組合健保にはこれにも「付加給付」があります!

健康保険のお得な給付金2つを徹底解説!医療保険の必要性とは!?

 

この給付額についてなのですが、上記の法定給付額に独自の「付加給付」としてそこから10%〜20%上乗せされます!

 

これだけでも驚きなパフォーマンスなのに、組合健保によっては、期間として法定給付が最長1年半なのに加えて更に1年〜1年半延長して、最長で2年半〜3年まで支給しているところもあります。

 

これは一般的に「延長傷病手当金付加」と呼ばれます。ただし、延長された期間については、少し減額して給付する組合健保が比較的に多いみたいです。

 

この他にも、出産育児一時金、埋葬費、訪問介護療養費など様々な付加給付を数百万円〜で支給している組合健保も少なくないみたいです。

 

これに加えて、さらに福利厚生の部分で忘れてはならないのが保養所です。

 

これは大企業などに限らずに組合健保によるのですが、宿泊施設やスポーツクラブと提携して、組合健保加入者向けに格安で提供しているところもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今現在、組合健保に加入している方は、ご自身の給付内容を改めて確認する必要があるかもしれませんね!

 

手厚い給付がもしかしたらあるかもしれません。そしたら、民間の医療保険に加入する必要性は、もはやないと言えると思います。

 

また、転職する際には、このような給付内容もしっかり見て決めた方が賢いですよね。なので、今後は選択肢のひとつとしていれてみてはいかがでしょうか?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

あなたにおすすめの記事

知っておきたい医療保険制度についての豆知識まとめ!

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/kokuminkenkouhoken-kanyuu/

国民健康保険に加入するメリットを最大限活用しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です