絶対に知っておくべき後期高齢者医療制度の知識とは!?

絶対に知っておくべき後期高齢者医療制度の知識とは!?

ほとんどの方は、いきなり介護が始まるわけではなく、家族の入院生活をサポートすることが先決になってきます。

 

この際に必要なのが、2008年4月からスタートした「後期高齢者医療制度」(正式には「長寿医療制度」)についての知識です。

 

75歳以上の方を対象とした医療保険制度で、他の世代とは異なった運用がなされているのです。

 

スポンサーリンク

 

後期高齢者医療制度ができた背景とは!?

後期高齢署医療制度の導入当初、マスコミなどでもさんざん取り上げられていたので、皆様記憶に新しいのではないでしょうか?

 

後期高齢署医療制度の内容自体もなんとなく聞いたことがあるかと思います。

 

後期高齢者医療制度について詳しく説明されている動画がありますので、よろしければこちらをご覧ください。

 

この後期高齢署医療制度ができるまで、75歳以上でリアイアした方々は、原則として国保に加入しながらも、その医療費は、老人保健という別の制度によって賄われていたのです。

 

医療機関を受診する方の割合がとても高く、若い世代に比べて医療費が高額になりがちな高齢者医療の部分を、それぞれの保険財政から切り離して、現役世代みんなで応分の負担をするのが老人保健制度です。

 

これによって、高齢者は、若い方々達の世代よりも軽い負担(医療費の自己負担1割。現役並みの所得者のみ3割負担)で手厚い給付を受けることができていたというわけです。

 

老人保健は、高齢者本人の負担はなしになりますので、つまり、通常の国保保険料は納めていても、高齢者医療に関わる部分については、徴収されていなかったのです。

 

絶対に知っておくべき後期高齢者医療制度の知識とは!?引用 老人保健制度からの変更点|厚生労働省

 

高齢者医療制度で高齢者本人も負担へ

しかし、年々増え続ける高齢者の医療費を現役世代が負担するのは、限界に近づいてきたために、高齢者本人にも一部負担してもらうことになりました。

 

後期高齢者医療制度導入により、具体的に、国や都道府県、市区町村からの公費が5割、現役世代からの支援金が4割、そして高齢者本人の保険料から1割という構成で高齢者医療を維持していくことになったのです。

 

絶対に知っておくべき後期高齢者医療制度の知識とは!?

引用 後期高齢者医療制度 | 健保のしくみ | 味の素健康保険組合

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ほかの制度の中に埋没して見えにくかった高齢者医療を集中的かつ効率的に運営していくためにも、75歳以上の方のみを対象にした「後期高齢者医療制度」という独立した保健制度が創設されたのです。

【関連記事※後期高齢者医療制度の導入で何が変わったの!?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です