後期高齢者医療制度の導入で何が変わったの!?

後期高齢者医療制度の導入で何が変わったの!?

前記事【※絶対に知っておくべき後期高齢者医療制度の知識とは!?】に引き続き、後期高齢者医療制度によって、具体的に何がどう変わったのかということについてそのポイントを整理していきましょう!

 

後期高齢者医療制度で保険料が年金から天引きに!?

国保に加入していた75歳以上の方は、これまで保険料を自分で納付できていたのですが、75歳になると強制的に加入させられる後期高齢者医療制度では、受給している年金から自動的に保険料が天引きされる方式になったのがもっとも大きな変更点です。

 

介護保険料も同時に天引きされるため、年金の手取りの金額が大きく減った方も少なくありませんでした。

 

高齢者の方々にとっては、ライフラインとも言える年金から、ある日突然有無を言わさずに天引きという形をとられるのですから、お年寄りの方々から様々な疑問の声が上がったというのいうのも無理はないかもしれないですね!

 

その後、自動引き落としでも納付できるように改善はされたものの、今も天引きが基本であることに変わりません。

 

なお、ニュース解説等メディアでは、ほとんど触れられていませんんでしたが、65歳から74歳までで国保に加入していて一定の条件(世帯内の被保険者が全員65歳以上で75歳未満など)に当てはまる方も、なぜか国保の保険料が年金から天引きされるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

 

後期高齢者医療制度導入で、扶養されていても保険料負担がありになった!?

後期高齢者医療制度が導入される以前は、保険料を一切負担しなくても良い高齢者もいました。

 

それは、息子や娘が加入している健保の被扶養者(扶養家族)になっていた高齢者の方々です。(または75歳以上の健保に加入している夫に扶養されている妻)

 

健保の場合、一定の年収まで(年金生活者なら年間180万円未満)の扶養家族であれば、保険料は一切かからないからです。

 

後期高齢者医療制度の導入によって、一番大きな影響を受けたのは実はこの層の方々でした。

 

満75歳になると、強制的にそれまで加入していた保健は脱退させられて、後期高齢者医療制度に加入しなければなりません。

 

そのために、健保の被扶養家族資格を失って、自分で後期高齢者医療制度の保険料を負担しなければならなくなったのです。

 

ただし、当面は保険料の大幅減額措置が講じられていますので、心配されたほどの大きな負担にはならなかったみたいですね。それに対して、今後どうなるのかは不透明な部分です。

 

国保に加入していた層の保険料は「ほとんど変わらない」と事前に政府から通達がありましたが、実際には地域によっては、保険料アップになった方々も少なくなかったようです。

 

スポンサーリンク

 

 

後期高齢者医療制度で70歳〜74歳までの方は、2割負担になる?

国保などから後期高齢者医療制度に移った方の医療機関での窓口負担は、これまで通り1割負担と変更はありませんでしたので、その点では、特に心配ないようです。

 

ところが、後期高齢者には該当しない70歳〜74歳までの方々については、なぜか医療機関での窓口負担額が1割負担から2割負担に引き上げられることになりました。

 

後期高齢者医療制度では、65歳〜74歳までを「前期高齢者」と位置付けていて、このうち70歳から74歳の方に限っては、応分の負担が求められているのです。

 

つまり、69歳までは現役世代と同じ3割負担で、74歳までは2割負担、75歳から1割負担と、段階的に負担率が軽減されるようにつくられているのです。

 

現役世代の3割負担からすれば、2割でもまだ軽いのは確かなのですが、もともと1割負担であったことからすれば、いきなり2倍になる心理抵抗は大きいと言えると思います。

 

65歳以上であっても「後期高齢者」と認定されるの!?

自分の親が後期高齢者になるのは、まだ先の話といってなどいられません。

 

「前期高齢者」に該当する層については、もう一つ大きな変更があり、年齢は65歳〜74歳までの方であっても、「寝たきりになるなど一定の障害がある」と認定された方については、原則として、後期高齢者制度に加入させられるからです。

 

ただし、その場合は強制的に自動加入という形ではなくて、これまで通り国保(または健保の被扶養者)に残ることも自分で選択できるようになっています!

 

まとめ

上記した後期高齢者医療制度の知識等を事前によく調べて勉強しておかないと、自分の親のことであっても保険料や医療費の負担が大きく変わってくるので注意が必要です。

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です