高額療養費制度申請 〜医療保険制度〜

高額療養費制度申請 〜医療保険制度〜

高額療養費制度申請について

保険医療費の1ヶ月の自己負担額が限度額を上回ったときに、高額療養費を申請して受給することができます。

 

どの医療保険制度においても保険診療に関係している医療費の一定部分を自己負担しますが、この自己負担が高額になった場合に所得に応じた自己負担限度額というものを上回った分は後から申請すると返ってきます。詳しい自己負担限度額については高額療養費自己負担限度額一覧表をご覧ください。

 

前もって、限度額適用認定証などを医療機関に提示すれば、受診者ごとに1医療機関、1ヶ月ごとの窓口負担が自己負担限度額までとなり、限度額を上回った分に関しては高額療養費として後から現物給付で返ってきます。

 

なお、入院時の食事療養標準負担額や差額ベッドなどの保険外のものは、この高額療養費の自己負担分には含まれませんので注意が必要です。

【関連記事※高額医療費の請求時に役立つ「高額療養費」の申請とは?

 

 

スポンサーリンク

 

 

【高額療養費制度申請での支給金額】

1ヶ月の自己負担分が1件で所得に応じた金額を超えたとき、その超えた分が支給されます。

 

ここでいう1件というのは、1人がある月の中で1つの医療機関等で支払った保険診療に関する自己負担分のことで、同じ医療機関でも医科と歯科は全く別で計算して、また、入院と外来も全くの別物として計算します。

【関連記事※知っておきたい医療保険制度についての豆知識まとめ!

 

 

【高額療養費制度申請での受給の際の特例事項】

高額療養費の支給には以下のような負担軽減措置があります。詳しい自己負担については、高額療養費自己負担限度額一覧表をご覧ください。

①世帯合算

一つの世帯で自己負担を合算して、標準報酬月額に応じてそれを上回った分が給付されます。ただし、合算することが出来る自己負担は70歳未満の場合は、1件21000円以上のものに限られています。

 

また、世帯で自己負担を合算するときは、同一世帯の70歳以上の自己負担も金額にかかわらず、合算できますが、高齢者(70歳以上)の自己負担限度額の適用を受けていて高額療養費が支給される場合はその支給額を差し引いて合算します。

 

②多数該当

1年の間に同一世帯で3ヶ月以上高額療養費に当たる場合には、4ヶ月目からは、自己負担額が標準報酬月額に対して変化し、それを上回った分を受給できます。

 

③特定疾病による療養

血友病、人工透析を必要とする慢性腎不全、血液凝固因子製剤によるHIV感染症などの長期患者は、10000円を上回った分を受給できます。(人口透析を必要とする慢性腎不全患者が標準報酬月額53万円以上であれば、20000円を上回った分を受給できます。)

 

【その他必要事項】

  • 月の途中で加入者本人が75歳になって後期高齢者医療制度の加入者になることで被扶養者の資格を喪失する方などは、当該月の負担を2分の1にするという特例が設けられています。
  • 1世帯の医療保険介護保険の自己負担の1年間の合計金額が限度額を上回った場合には、高額療養費、高額介護合算制度によりその上回った分があとから返ってきます。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回この高額療養費申請について少し詳しく掘り下げてご説明させていただきました。このような制度はもしもなにか大きな事故など突発的な出費に対してとても有効活用できますので、ぜひ覚えておいてくださいね!

 

【関連記事※意外と知らない!?健康保険の加入条件とは 】

 

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です