国際貿易によって通貨が「高く」「強く」なるとはどういうこと?

今回は”国際貿易によって通貨が「高く」「強く」なるっていうけどそれはどういうことなのか”ということについて少し見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

国際貿易によって通貨が「高く」「強く」なるとはどういうこと? 

その通貨を欲しい人がたくさんいれば、その通貨は「高く」なります。また逆に、その通貨をあまり必要としない人が多ければ、その通貨は「安く」なります。
 
 
 
このように、為替レートが変動するのは、通貨の需要と供給が変化するからです。これは商品と同じです。欲しい人がたくさんいれば需要が高まり、その消費は多少高くなっても買われます。
 
 
 
欲しい人が少ない商品は供給過多になり、商品が余った状態になって値段が下がります。これを貿易の場を例に、もう少し具体的に考えてみましょう。
 
 
 
日本がアメリカへ車を輸出していると、アメリカ人はドルで買います。日本人は、手に入れたドルを日本で使いたいので円に換金します。
 
 
すると、ドルが売られて円が買われました。これが大量に行われると、売られて需要が下がったドルは安くなり、買われて需要が上がった円は高くなります。結果、
車をたくさん売った日本の円は、他国の通貨と比較して「高い通貨」となり、高くなった通貨は「強い通貨」といわれ、強い自国通貨を持つ国は「経済力が高い」
ということになります。
 
 
逆に、日本が輸入をたくさんすると、円は売られて安くなる原因になります。例えば日本がアメリカ企業から「LNGガス」を買います。(輸入)日本がそれをで買ったとします。※本来、「LNGガス」や「原油」などは、米ドルで取引されるのですが、ここはあくまでも仮定の話です。
 
 
 
アメリカ企業は、その円を自国通貨のドルに換金します。つまり、円が売られて、ドルが買われるわけです。こうした状態では、円が安くなり、円という通貨が弱くなる傾向にあり、日本の経済力が弱くなる方向に働きかけます。
 

スポンサーリンク

 
 
このように貿易(国の経常収支)が為替レートに影響与えます。どんな国でも自国の景気を良くしたい、GDPを高めたいと考えていて、そのためには海外へたくさん輸出しようとします。
 
 
 
ただし、もし希望通り輸出品がたくさん売れ、通貨が強くなると、その高くなった通貨とその国の製品は、他国からすれば割高になります。
 
 
 
つまり、日本車がたくさん売れて円高になれば、アメリカ人からすれば、米国車と比べて割高な商品となり、売れ行きを抑制するストッパーにもなるのです。 
POINT

日本の製品が海外でたくさん売れれば、たくさん円が買われることになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です