国民年金基金のメリットとデメリットを徹底解説!

前回記事で厚生年金に上乗せした「厚生年金基金」についてお話いたしましたが、それと同じように実は国民年金にも上乗せ部分である「国民年金基金」というものが存在します。

国民年金の1号被保険者として、保険料を納税している方のみが加入できる制度で、年齢や性別に応じた掛け金が設定されています。この国民年金基金の終身タイプというものを選択すれば、加入時に確定した年金を65歳から死ぬまでもらい続けることができるのです。(払込みは60歳まで)

 

このように言うと表面上の聞こえは良いのですが、中身を掘り下げてみると実は民間の個人年金保険とさほど変わらないレベルなのです。

 

では、この国民年金基金の具体的なメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

国民年金基金はメリットとデメリットどちらが大きいの?

まず、国民年金基金のうちの一つ例を挙げるとするならば、40歳の男性が国民年金基金に加入していたとして毎月15000円を60歳になるまで20年間払い続けるとします。

 

そうすると、65歳から年間24万円というお金を死ぬまでもらえます。24万円年金が増えるのは良いことですよね?しかしただでさえ国民健康保険料の負担が重いというのにもかかわらず、さらにこれ以上負担できるという方はそこまで多くはないはずです。

 

勤務先の会社が実質保険料の上乗せ部分まで負担してくれている企業年金制度と比べるとどうしても劣ってしまうというのが現実です。国民年金基金のメリットとしては、月68000円までは全額社会保険料控除の対象となるので、この分の税金負担が軽減されるということです。

 

国民年金基金に比べて、民間の個人年金保険は年間5万円までしか控除されませんので、その点をみれば節税効果は多少期待できるのではないでしょうか?

 

これに対する国民年金基金のデメリットとしては、加入時に年金額が確定されてしまうということです。今のような低金利の時代にわざわざ低い利回りで将来の年金額を確定させてしまうというのは、あまりにリスクが大きいといえるでしょう。また、厚生年金などのように物価スライドがありませんので、将来の受け取ることのできる年金の価値というものが、大幅に減少する恐れもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

何十年も先の事というのは、誰にも予測ができません。それにもかかわらず、国民年金基金のようにあえて予測をするというのはある意味では、ギャンブルに等しい行為とも言えると思います。これならば、自分で株式や債券などの長期投資をしたほうがもしかしたら有利かもしれませんね。

 

国民年金基金についてはどちらかというとメリットよりもデメリットの方が目立つので今現在加入されている方は、改めて考え直すというのも一つの手だと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です