日本の国会議員の年収は世界一!?その高すぎる給料について徹底解説!

あなたは日本の国会議員の年収は世界一ということをご存知ですか?今回はこの高すぎる国会議員の給料について色々とみていきましょう。

日本の国会議員の年収は世界で一番高い!?

日本の国会議員の年収は世界一!?その高すぎる給料について徹底解説!

国会議員は自由に使える無税の経費が月100万円!?しかも領収書不要!

そもそも国会議員の給料は、正式には「歳費」と呼ばれ月額129万4000円と決められています。この給料の金額は「国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律」というモノで定められているのです。

 

この他にもいわゆるボーナスに当たる年2回の「期末手当」が合計約635万円支給されますので、年収にして約2200万円が日本の国会議員の給料となります。

 

これを2位、3位の他の国と比較すると‥

  • 2位 アメリカ国会議員 年収1357万円
  • 3位 ドイツ国会議員  年収947万円

なので2位のアメリカに大差をつけて日本の国会議員はぶっちぎりの高給取りということになります。

 

これに加えて国会議員には毎月「文書通信交通滞在費」という手当が毎月100万円支給されるのです。歳費と期末手当は所得税の対象ですが、この手当は無税になっており何に使ったのかの領収書も不要となっています。

 

また、立法活動の経費として税金から支給されるのが「立法事務費」と呼ばれるモノです。各会派所属の議員ひとりにつき毎月65万円が、会派に支給されます。これも収支の報告義務が無く実際どのように使われているのかが不透明です。

 

その他、秘書3人までの給与に当てられる「秘書雇用手当」が年間で約2500万円支給されます。これら全てを合算すると日本の国会議員は年収6700万円とほぼ同じということになります。「秘書雇用手当」と「立法事務経費」を除外した実質年収でも約3380万円になりますので日本の国会議員はかなりの高給取りと言えますよね。

▶︎誰も書けなかった国会議員の話 (PHP新書)

スポンサーリンク

 

地方議員の年収は地方公務員を上回る!?

日本の国会議員の年収は世界一!?その高すぎる給料について徹底解説!

次に地方議員の給料はどうなのでしょうか?

 

都道府県議会や市区町村議会に属する地方議員の給料は「議員報酬」と呼ばれ、国会議員とは異なり各自治体によってその年収が異なります。都道府県議会議員の平均の給料月額は約80万円で年収が960万円です。これに加えておよそ3ヶ月分の「期末手当」が約240万円プラスされるので年収は1200万円ということになります。

 

そして「政務活動費」が平均で毎月約42万円支給されます。これは、「政策調査研究等の活動のために支給される費用」という名目の手当で、地方議員版の文書通信交通滞在費というワケです。

 

これについては収支報告書の提出は必要とされていますが、領収書の添付が必要とされていない議会も多く現在ではその不透明さが問題となっています。2014年6月に兵庫県議会の野々村議員の不正利用が発覚して号泣会見を行ったことでこの手当の存在を知った方も少なくないと思います。

 

政務活動費のない議会も全国の約半分程度ありますが、都道府県議会、政令指定市議会では100%、一般の市議会、東京23区議会では87%、町村議会でも20%存在しています。さらに自治体にもよりますが、議会に出席するたびに1万円程度の交通費が貰える費用弁償があり、仮に年100日議会に出席すれば100万円の収入になります。

 

費用弁償を除いた都道府県議の平均年収は1700万円、政令指定都市の市議が年収1455万円、一般の市議が年収870万円、町村議が年収375万円ですのでかなりの高待遇と言えるのではないでしょうか?

▶︎もし国会議員100人の日本だったら (STORYTELLERBOOKS)

スポンサーリンク

 

まとめ

昨今国会議員の方々の様々な不祥事が浮き彫りになる中でこんなにも給料をもらっている現実があるのです。国民に増税などで負担をかける前に今一度この国会議員の高い給料を見直した方が良いのではないでしょうか?最低限、国会議員の方々にはしっかりとプライドを持って国の政治を行っていただけたら幸いです。

▶︎議員秘書だけが知っている キーパーソンを味方につける技術

運営会社

株式会社  Days-Works
株式会社  Days-Works
このサイトでは、日々の生活や将来に不安がある方々のために、様々な知って得するお金の知識をご提供しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です