個人向け国債の利率って!?固定型、変動型のそれぞれの特徴とは?

個人向け国債の利率って!?固定型、変動型のそれぞれの特徴とは?

前記事【※個人向け国債の金利ってどうなってるの?】でも述べたように個人向け国債は受け取る利率に関しては固定型変動型が存在しています。

 

長期的な安定した投資や資産運用にどちらを使うかはとても重要な事ですので、自分の投資を無駄なく効率的に行っていくには双方の利率や保有期間の特徴を考えていきましょう!

 

保有期間と自分の資金力やリスク耐性、構築を考える他のポートフォリオとの関連が大切な商品です。

 

個人向け国債の変動金利型商品利率と特性は!?

変動10年型個人向け国債の場合、債券の利率は約半年毎に見直されます。

 

ここで気になる解約ですが、購入から1年を経過すれば商品の途中解約も可能ですが、このような場合、直前2回分の利子がペナルティとして減らされた形で受け取るという事になります。

 

仮に購入時よりも利率が上がっていればよいのですが、現在のような低金利下においては、利率の大きな変動はとても期待はできません。

 

それとは反対に10年にも及ぶ長期期間を一つの商品に預けている間に新たな収益チャンスやその他の金融商品は日々増えていきますので、その点からしてもあまり合理的な商品ではないかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

個人向け国債の固定金利は2種類あるの!?

個人向け国債の固定金利型の商品は2つ保有期間のある商品から選んでいく事ができます。

 

保有期間が3年型5年型です。固定金利のメリットとして、これは購入時の利率が最後まで適用されますので、満期時の受取額が分かりやすいという点で安心感があります。

 

3年型、5年型の商品に関してもペナルティは同じように適用されます。

 

保有期間が比較的短いですので、多くの方は満期まで保有するのですが、それでもまだ若い世代で資金の変動が考えられる方においては注意が必要です。

 

個人向け国債は簡単に購入できる!?

個人向け国債にはその他にも大きなメリットがありますので、この点を検討して実際に購入を行なうかどうかを検討していきましょう。

 

個人向け国債は毎月定期的に発行されていますので、自分が欲しいと感じた時に購入できるという点ではとても便利な商品です。

 

自分が納得した利率の時に購入できるので、自分のニーズに合わせた購入ができるのです。

 

また最低購入金額も1万円からで購入ができるので、どなたでも気軽に投資を行えます。

 

定期的な積立にも十分対応している商品ですので、長い期間の分散投資にはこのような金融商品は欠かせません。

 

債券投資の楽しみを個人向け国債で存分に味わってくださいね!考え方としては普通預金よりも安定した運用先というところです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

資産運用は自分で考えて自分の責任で行っていくことが原則です。人の意見は参考に過ぎないので、日々マーケットをきちんと自分の目で観察する習慣がとても大切になってきます。

 

頑張って学習を行えばそれだけ多くのメリットが存在するのが投資です。

 

個人向け国債は、債券における基本的な考え方を身に付けるという点と安心して投資できる対象としてとても魅力的な商品です。また、各証券会社でも気軽に購入できるという点も個人向け国債のメリットです。

 

まずは、少額から気軽に購入を行って、投資に慣れる事からはじめましょう!

 

日本に対して投資を行なう商品という意味でも日本に貢献しているという事ですので、日本の財政に一役買っているという意識で購入してみても良いかもしれませんね。

【関連記事※個人向け国債の金利ってどうなってるの?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です