子供の教育費の貯め方の基礎を解説!

子供の教育費の貯め方の基礎を解説!

子供の教育費は確かに大きな金額ですが、あらかじめ予測できる金額なので子どもが生まれてすぐに貯金を始めると、計画的に貯めることができます。

 

子供を一人前に育てるには、幼稚園から大学まですべて国公立の場合は約1,000万円くらい、すべて私立の場合約2,000万円くらいの教育費がかかると言われています。

 

では、子供の教育費はどのような方法で貯めればよいのでしょうか!?

 

子供の教育費づくりは早いうちから長期計画で貯めることが必要! 

子供の教育費を貯めるにはまず、学資保険です。

学資保険は、子供が生まれた時に約半数の親が加入するようで、お金を貯めるのが苦手な人にとって、計画的に積み立てていける上、貯畜性も高いのでおすすめと言えます。

 

学資保険は、子供の進学時期に合わせて満期を設定して、満期時に受け取る仕組みで、途中で契約者の親が亡くなった場合は保険料が免除され、保険金は満期時に受け取ることができます。

 

都市銀行や地方銀行などで月々1万円から積み立てる自動積立定期預金や、ゆうちょ銀行の定額貯金や定期預金なども長期的な貯金に適しています。

【関連記事※貧乏生活の中で貯金をするための鉄則とは!?

 

スポンサーリンク

 

教育費を借りた場合は返済を子供にも手伝ってもらいましょう!

大学進学資金の不足分を、国民金融公庫や銀行の教育ローンなどで補う方法もあります。

 

国のローンは民間よりも金利が安いのですが、年収制限があって借入限度額が300万円くらいが限度となります。

 

民間の場合は当然金利は高くなるものの、借入限度額は500万円くらいまでとなります。

 

子供の教育費を借りた場合は、そのことを子供に話して家庭の事情を理解してもらい、今後の返済について「借りるのは親だが返すのは子ども」と言い渡すことも、子供の将来的な金銭感覚と経済観念を養う意味では良いかもしれません。

 

親にとっても、その後の老後資金が貯めやすくなります。

 

また、学費が足りない時は奨学金を借りる方法もあります。大学の奨学金は卒業後に返済する貸与型と、返済しなくてもよい給付型があります。

 

他にも民間団体や企業などの奨学金もあるので、詳しくは学校などで相談するとよいでしょう!

【関連記事※お金を貯めるにはどうすれば良い?意識することからはじめよう!

 

 

子供の養育費について削れるお金と削れないお金とは!?

ある教育研究開発センターのアンケート結果では、小学6年生の段階で習い事や塾にかけるお金は1ヵ月に約3万円~4万円以上の家庭が20%以上を占めていると報告されています。

 

逆に5千円未満が10%未満で、いかに子供にお金をかけているかが分かります。

 

しかし、実は子供が小学生時代が、一番お金が貯めやすい時期といえます。

 

この時期にほとんどの家庭で2~3万円を習い事や塾の費用に充てているようですが、それは子供自身が望んでいるかどうかを確かめてみることも大事です。

 

習い事や塾の費用を少し減らすことで、月々の子供の教育費の積み立て額を殖やすことができます。

 

子育て期には食費を節約してお金を貯めることは無理といえますが、衣服費などはフリーマーケットやリサイクルショップなどを上手に利用することで、出費を抑えることができます。

 

各家庭なりに削れるお金と削れないお金は違うとは思いますが、子どもを交えて話し合うことが必要でしょう!

【関連記事※誰でもできる!?基礎から学ぶ貯金する方法!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

給料が思うように上がらず、税金は上がる一方の時代に子どもの教育資金を捻出するのは大変です。

 

家計が苦しい場合は、子供に遠慮せずに打ち明けて子供にも協力してもらいましょう!

 

子どもが大学を卒業するまで何も知らせずに甘やかせて親だけが苦労してお金の工面をしていたのでは、子どもはお金のありがたさを知らずに大人になってしまいます。

 

お金の苦労をある程度知っておくことで、就職などで社会に出た時に困難に立ち向かうことができる強い大人になるに違いありません。

【関連記事※貯金の仕方を基礎から解説!!まずは目的を決めよう!

 

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です