気になる!結婚資金は実際どれくらい必要なの?!

男女がある程度の期間付き合ってたら当然「結婚」も考えるようになってきますよね。そこで気になるのが結婚資金がどれくらい必要なのかというところだと思います。今回はその”結婚資金”について見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

 

気になる!結婚資金は実際どれくらい必要なの?!

結婚式費用の平均は約340万円!その多くはご祝儀でまかなえる!?

結婚にかかるお金と聞くと、まず思い浮かべるのが「結婚式」のことだと思います。挙式、披露宴、披露パーティーの総額は平均約340万円です。場所、ゲストの人数、挙式内容のよって金額が多少異なりますが、300万円程度を目安にしておくと良いでしょう。
 
 
 
結婚式の費用は、夫婦で折半か人数割(ゲストの割合)で負担するケースが主なようです。
 
 
 
実際は結婚式の費用はご祝儀で回収できるので、実質するほど自己負担にはなりません。つまり、ご祝儀でまかなえなかった分だけの負担ということになります。
 
 
 
会計は披露宴後なので、ご祝儀で費用支払う人も多いですが、クレジットカードで払えばスムーズかつポイントも一気に溜まってお得です。
 
 
 
その際は限度額を大きくしておくと良いでしょう。結婚式は多額の出費、入金があることを覚悟しておくと同時に式以外でも意外とお金がかかることを頭に入れておきましょう。
 

夫婦で「金銭感覚のすり合わせ」は婚約中に必ず行っておくこと!

婚約から結婚までには、両家の顔合わせ、結納・結納返し、新婚旅行、新居への契約・引っ越し、家具家電の購入費用など、結婚式の費用除いても約330万円ほどの費用が必要になると言われています。
 
 
 
ただし、結婚指輪の金額や新婚旅行内容、親と同居するかなど本人たちの考え方や置かれた状況などによってかかる金額は様々です。また、結納なども地域によって風習やしきたりが異なるので、金額や内容は両家でよく話し合って決めましょう。
 
 
 
両家の顔合わせ等も、実家が遠方だとその分交通費がかかったり、式場見学の交通費や諸経費も発生します。細々とした出費も塵も積もれば大きな出費となるので、臨時出費も含めて1人200万円ほど婚約中に準備しておけると安心です。
 
 
 
また、結婚式の費用をどちらが負担するのか、結婚後の家計をどう管理するのかなど、婚約中にお互いのお金に対する価値観をすり合わせておきましょう
 

スポンサーリンク

みんなの結婚式資金はいくらなの?

Q.結婚式費用の負担者は誰?

1位.新郎50%:新婦50%

2位.新婦35%:新婦35%:新婦両親30%

3位.新郎40%:新婦40%:新郎両親10%:新婦両親10%

負担額の割合に差はありますが、2人で折半するのが大半ですね。足りない分は花嫁のご両親が援助するパターンも多いみたいですね。

Q.結婚式費用(挙式+披露宴)の総額はいくら?

  • 20歳〜24歳…平均375万円
  • 25歳〜29歳…平均300万円
  • 30歳〜35歳…平均258万円

年齢と結婚式にかける費用は反比例するという結果です。若い人ほど式にこだわるという傾向がありますね。

Q.両親の支援は?

  • 無し…67%
  • あり…33%

親の力は借りずに、自分たちで費用を工面したカップルが6割以上という結果に。

Q.ご祝儀(お祝い金)の出費のバランスは?

  • ご祝儀…70%
  • 実費…30%

Q.ウェディングドレスの値段は?

  • 10万〜20万…28%
  • 21万〜30万…29%
  • 31万〜50万…14%
  • それ以上…3%
  • プラン込み…18%
  • 10万円以下…8%

一番多かったのは21万〜30万の価格帯のものですね。一般的に式場プランを利用する場合はドレス代も組み込まれているみたいですね。

Q.二次会で支払った費用は?

平均7万円

会費制がほとんどなので自己負担はごく少数です。最近は2次会なしで挙式のみというカップルも増えています。

Q.ウェディングドレスはレンタル?オーダー?

  • レンタル…75%
  • オーダー購入…25%

海外挙式や事情により2回着用する場合は購入することが多いとか。レンタルだと割引特典が付くことも!

Q.結婚指輪のお値段は?

平均29万円

これは2人分の合計金額です。もっとも多かった価格帯は16万〜20万円程度です。続いて21万〜30万円と、カップルによって金額の差はあるようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です