コレだけはおさえておきたい!5種類のオススメ仮想通貨とは

日本では2014年2月にビットコイン(Bitcoin)の私設両替所である「マウントゴックス」が潰れてたくさんの方々に大変な損害を被って以降は「仮想通貨」というモノが日本に広く浸透したと同時にその仮想通貨に対する考え方や信用は地の底でした。

 

今現在でも仮想通貨に対してのイメージが良いという方は少ないのではないのではないでしょうか?

 

この仮想通貨といえばやはり「ビットコイン(Bitcoin)」のイメージが強いと思いますが、今世の中にはおよそ750種類もの仮想通貨があるとされておりその種類は現在でも増え続けています。そこで今回はその750種類の中でオススメの仮想通貨を5種類をご紹介致します。

また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は《簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck》から取引を開始しましょう。 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

5種類のオススメ仮想通貨をピックアップ!

ビットコイン

出典 http://thebridge.jp/tag/bitcoin

⒈ビットコイン(Bitcoin)

まずはやはりこのビットコイン(Bitcoin)で、これについてはもはや説明不要な程だと思います。2016年特に今最も勢いがありますし安定している仮想通貨です。日本でビットコイン(Bitcoin)を使えるお店は極めて少ないのですが海外ではかなり増えてきました。

▶︎ビットコイン(Bitcoin)の仕組みとは!?やたら難しいのでわかりやすく解説してみた。

このビットコインの特徴を幾つか挙げてみます。

  1. 発行体がそもそも存在せず、ユーザー全体でビットコインの管理・発行が行われる
  2. 発行できるコインの上限が2100万BTCまでと決められており、この上限があることによりインフレの懸念を最低限に抑えることができる
  3. 取引が全体に公開されているためデータ内容の書き換えや通貨の偽造などが不可能である
  4. 世界中の誰でもアドレスを指定すれば即座にほぼ無料で送金ができる
  5. P2Pシステムというモノを導入しているので匿名性が極めて高い

 

これらの特徴からビットコイン(Bitcoin)のメリットとして「海外送金が簡単にできる」「銀行やクレカなどの決済と比べて手数料が極めて安い」「発行体が無いため口座のように凍結したり、経済の影響などを受けにくい」などが挙げられます。

 

もちろんメリットもあればデメリットもあります。このデメリットを幾つか挙げるとしたら「盗難、詐欺などに対する補償が薄い」「国の規制対象内」「決済できるお店が極めて少ないため通貨として実用的ではない」などです。

 

先述したようにビットコイン(Bitcoin)は2100万BTCが上限と決まっているためインフレの懸念は最低限で抑えている反面デフレへの懸念は拭えません。国単位で発行している通貨であれば物価自体を調節することがある程度可能ですが、ビットコインではその調節が極めて難しいためそもそもバブルというモノを引き起こしやすい仕組みと言えるでしょう。

 

とは言え、他の仮想通貨を寄せ付けない抜群の安定感がありますので、このビットコインは外せません。ビットコインで取引を今すぐ始めたいという方は、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

⒉Ripple

出典 http://bitcoin-matome.info/get/free-ripple/

このRippleは、ビットコインの次に代表的な仮想通貨と言っても過言ではないでしょう。これにはビットコインにはない新しいメリットもあります。

 

では、Rippleの特徴を幾つか挙げてみます。

  1. ビットコイン同様に決済の際の手数料が極めて安い
  2. 決済のスピードがビットコインが10分程度かかるのに対してRippleは2,3秒で済む
  3. ドル、円、ユーロ、ビットコイン等どの通貨にも両替が可能
  4. 価格変動の安定感がある
  5. ビットコインとは違い管理会社が存在するためそのセキュリティ能力が高い

Rippleは、ビットコインの欠点をある程度補っている仮想通貨と言えます。中でも上記した決済のスピードとその価格変動の安定感はビットコインには無かったRippleの決定的な優位性であると言えるでしょう。

▶︎仮想通貨リップルコイン(Ripple coin)とは!?その仕組みを解説します。

⒊ライトコイン(Litecoin)

 

出典 http://bitcoin-matome.info/bitcoin/litecoin-bitcoin/

このライトコイン(Litecoin)はあまり聞きなれない方もいらっしゃるかとは思いますが、ビットコインが金ならどの仮想通貨よりも発行量が多いという点でライトコイン(Litecoin)は銀に位置付けられる仮想通貨です。

 

このライトコインは元々Googleでエンジニアをしていたチャーリー・リー氏(Charlie Lee)が2011年10月7日に公開した仮想通貨であり、ビットコインとの違いを比較するとライトコイン(Litecoin)の仮想通貨の発行量はおよそ4倍で、決済の承認時間がおよそ4分の1という点が挙げられます。

▶︎ライトコイン(Litecoin)とは!?その3つの特徴を解説します。

これについては説明してくれている動画がありますので、そちらをご覧になった方がわかりやすいかと思います。

⒋モナーコイン

出典 http://cards.hateblo.jp/entry/virtual-currency-matome/

このモナーコインとは2014年に2ちゃんねるのソフトウェア版で開発されて流通を始めた日本発のP2Pを使用する暗号化された仮想通貨です。

 

銀行振込等の手段を一切使わない送金手段を用いており、簡単に口座開設ができて個人情報やメルアドさえ不要の極めて匿名性が高いものになります。モナーコインの通貨単位は「Mona」でその価値は変動します。通貨として使用されるというよりもネット上の「いいね!」的な使われ方の方が多いです。

 

しかしまだまだ発展途中の仮想通貨になりますので、投資の対象として考えてみても良いかもしれません。

▶︎モナーコイン(Monacoin)とは!?”2ちゃんねる”から生まれた仮想通貨を解説!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

⒌ADAコイン(エイダコイン)

エイダコイン

ADAコインとはBlockchainとP2Pという技術を使って作られた仮想通貨です。これもビットコインと同じく管理会社があるわけではなく利用者全体で管理するシステムになっています。

 

このADAコインに対しての投資のメリットは以下引用です。

では、エイダコインを購入するメリットはどこにあるのでしょうか?

まず、今までの暗号通貨は使えるところが限られていたりするために、購入したとしても使えないため、あまり利便性がよくありませんでした。

特に日本においては利便性を理解していない人が多いことと、国内で利用するには必要性が少なかったことなどが暗号通貨の広がりを阻害していた要因であると考えられます。日本は世界と比べてお金に関して非常に恵まれた環境であると言えます。

しかし、世界中で暗号通貨の利便性が重要視され大企業が参入するほどの大きな市場となってきています。

エイダコインはその暗号通貨の業界を大きく引っ張っていく新たな通貨として今、非常に注目を浴びています。

周りが知らない今だからこそ、エイダコインを購入しておくことで世界の情勢が見えることも多いでしょう。

また、通貨であるということは値段に変動があります。

かの有名な元祖暗号通貨のビットコインなどは当初は0.1円の価格でしたが2016年5月末現在では60000円前後まで上昇しています。

エイダコインは2015年9月販売開始時の価格は0.2セントからです。
プレセール期間中は最低購入額が1000ドルからですが今後の価格変動に大きな期待が寄せられています。

出典 http://www.cardano.biz/howtoada.html

そしてADAコインは2016年12月に公開予定のまだ開発途中の注目の仮想通貨なので、今投資しておけば当初のビットコインのように化けるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今注目すべきオススメの仮想通貨を5種類ご紹介致しました。仮想通貨に対しては賛否両論あるかと思いますが、この仮想通貨で大金を掴んだ方が世の中に存在しているというのは確かな事実です。

 

先述した通り世の中には数多くの仮想通貨がありますが、あくまでも投資は自己責任になりますのでその点を十分踏まえた上で挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大10000円で、業界内でもトップです。
 

普通に仮想通貨の取引を今から始めたいという方も、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です