格安スマホキャリア「MVNO」で料金は3分の1に!?品質、サービスは向上中!

格安スマホキャリア「MVNO」で料金は3分の1に!?品質、サービスは向上中!

2015年12月、家計の通信費負担が過去10年の間で約2割程度増加の一途をたどっているとして、高市早苗総務省が大手キャリアに値下げを要請したのは記憶に新しいですよね。

 

これに対してライトユーザー向けのプランが出るという動きはあるのですが、そこまで劇的な変化はないです。

 

このような状況の中で今注目されているのが「MVNO」と呼ばれる自社の通信設備を持たない格安スマホキャリアです。

 

2015年の夏、1GBあたり1000円程度だった相場が、2016年現在ではおよそ3GBで1000円となって価格はおよそ1年間で3分の1になりました。

 

今回はこの格安スマホキャリアの「MVNO」についてお話し致します。

 

「MVNO」で格安スマホ革命!?

格安スマホキャリア「MVNO」で料金は3分の1に!?品質、サービスは向上中!

総務省の統計によると大手キャリアからの通信回線のレンタル料は、8年前は月額1200万円でしたが現在では100万円程度に下がり約9割下がっているのが現状で「MVNO」は大手キャリアから通信回線を借りて運営するため、レンタル料金がユーザーの利用料金に直結します。

 

そのため数年前に比べると「格安」と呼ぶにふさわしい料金まで下がっています。

 

しかしだんだんと値下げの勢いも緩やかになり今現在の価格あたりが実際頭打ちで、今後は価格面以外での競争も激化し、乗り換えの検討価値はさらに高まると思います。

 

スポンサーリンク

 

「MVNO」に乗り換えるカギは通話時間!?

格安スマホキャリア「MVNO」で料金は3分の1に!?品質、サービスは向上中!

この「MVNO」に乗り換えてトクするかどうかというのは、通話時間が前提になります。

 

例えば、通話かけ放題のある大手は5GBで月額5000円で基本使用料等を合わせると最低でも月額8000円程度にはなります。

 

一方通話は従量制のMVNOは5GBあたり約2000円程度のモノが多く、平均的な月の通話時間である68分の通話をしても4500円程度で大手キャリアと比べて3500円程度の差があります。

 

仮に通話を全くしなかったら、基本料金の2000円のみで済み6000円が浮く計算になります。

 

そのためMVNOに乗り換えて、安くなるかどうかは月の通話時間で判断し153分未満であればMVNOのほうがおトクでこれを超えても楽天モバイルのような定額通話プランで料金を抑えられます。

 

「MVNO」の品質はどうなの!?

格安スマホキャリア「MVNO」で料金は3分の1に!?品質、サービスは向上中!

それでは「MVNO」の品質面はどうでしょうか?

 

通話の音声品質については、大手キャリアの電話回線を利用しているので全く問題はないのですが一方のデータ通信の方は差が出てくるみたいです。

 

レンタルしたデータ回線を道路として考えると、そこに車を何台通すかはMVNOが自由に決めることができます。「たくさん通して渋滞気味になる代わりに安い」「少なく通して快適な代わりに高い」というような具合です。

 

とはいえ、実態は公表されていないため使ってみないとわからないのが現状なのです。

 

しかし、回線投資が進んだためどのMVNOも通常の状態で十分ストレスフリーで利用できるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

MVNOに抵抗がある方への対策とは!?

格安スマホキャリア「MVNO」で料金は3分の1に!?品質、サービスは向上中!

また現在はこのような従来のネット回線が基本のMVNOに抵抗があるという方へも対策がなされているのです。

 

大手キャリアのように実店舗を持っていたり、家電量販店にブースを構えていたりなど対面サービスの向上もその一つです。

 

またネット契約であっても身分証はスマホで撮影したモノで大丈夫など従来よりもかなりシンプルになってきているのです。

 

MVNOに欠点はないの?

格安スマホキャリア「MVNO」で料金は3分の1に!?品質、サービスは向上中!

ではMVNOに欠点はないの?と思った方も少なくないはずです。

 

問題点としては、MVNOではキャリアメールが使えなくなりGメール等を利用することになるのでガラケーにアドレス変更メールを送ったとしてもフィルタリングでブロックされてしまう可能性があります。

 

アドレス変更をあらかじめ伝えておき、受信設定をしてもらうなどの対策が必要になります。

 

まあしかし、ショートメッセージサービスが利用できるMVNOのプランを選んだり、このご時世LINE等をしようすればその問題は十分解決できると言えるでしょう。

 

まとめ

かつては大手キャリアが主流で、MVNOの格安スマホに対してのイメージは薄かったですがそのイメージも徐々に払拭されてMVNOをその安さゆえに利用する人も増え始めてきています。

 

大手キャリアは魅力的だとは思いますが、固定費を下げるという意味でもこれから格安スマホは家計の支えになっていくと思います。

 

あなたも一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

あなたにオススメの記事

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/osusume-kakuyasu-sim-sumaho/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/sumaho-kakuyasu-sim/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/dhuaru-sim-sumaho/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/mobile-wi-fi-router-setsuyaku/

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です