確定申告は自分でやるべき!?それとも税理士にお願いするべき?

今回は確定申告は自分でやるべきか税理士にお願いするべきかということについて見ていきましょう。

確定申告は自分でやるべき!?それとも税理士にお願いするべき?

結論からいうと「複雑な確定申告であれば税理士にやってもらう」ほうが良いでしょう。毎年2月から3月にかけて確定申告の季節です。前年の個人の収入を税務署に申告するのが確定申告です。

 

会社勤務で申告する必要のない方も多いと思いますが、最近は会社勤務のビジネスパーソンでも医療費控除や資産運用による収入があって確定申告をするというケースも増えています。

 

確定申告を自分でやってみると、税金の計算の方法がわかり、自分がいくら税金を払っているかを意識することができます。源泉徴収されていたら、考えることもなかった税額を実額でいくらであるかを知れば、納税意識も芽生え、勢に対する知識もアップするというメリットがあります。

スポンサーリンク

 

どこまでが簡単なもので、どこからが複雑なもの?

医療費控除など、簡単なものであれば、税理士に頼まなくても税務署の相談窓口などで聞きながらやれば問題ありません。税理士に確定申告手続きを依頼すると、5万円程度はかかってしまいますから、コストは馬鹿にならないのです。

 

しかし、海外不動産投資などで海外からの収入があったり、収入が多方面からあったりする人の場合、税理士頼んで申告手続きをしてもらった方が良いでしょう。複雑な場合、素人が自分でやると間違えるケースは多いからです。

 

お金を出して時間を買うということから言えば、確定申告のために1ヶ月くらい頭を悩ませるのであれば、数万円払ってやってもらう方が良いでしょう。ただ、仕組みを知らずに丸投げしてしまうと、自分がいくら税金を払っているかがわからなくなってしまいます。

 

一度、税理士の申告書類を見て、どんな仕組みになっているのか確認しておくことは大切です。つまり、手続きは専門家にコストを払ってアウトソーシングして、そこから勉強するという方法がベストということになります。

まとめ

確定申告を自分でやってみると納税の仕組みを実感できます。ただし、海外不動産で資産運用しているような人は、複雑な計算を専門の税理士に任せた方が安心です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です