なぜ確定申告をする必要があるの?!基礎から解説します。

会社員ではない、フリーランスや個人事業主の方々は所得税を払うために確定申告をしなくてはならないのです。会社員も税金の還付を受けるために確定申告をしましょう。今回は”確定申告の基礎”について少し解説していきます。
 
確定申告はfreeeがオススメ!「最も簡単」な確定申告サービス

  • 【”スマホ”に完全対応】 ‐スマートフォン・タブレット専用アプリを用意 ‐領収書の管理〜確定申告までスマホで完結させることが可能 ‐「スマホで申告まで完結できる」という手軽さが人気の理由 
  • 【会計・簿記の知識不要 初心者OK】 ‐銀行・クレジットカードと連携して自動処理 ‐ステップに沿って質問に答えるだけで確定申告書類を作成

▶︎無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

所得税の確定申告はどうすればいいの?

まず確定申告とは

毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得の金額(海外の所得を含む)とそれに対する所得税等を計算し、申告期限までに申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を清算する手続きのことです。

所得税等とは

平成25年分から平成49年分まで、東日本大震災からの復興を図るための政策に必要な財源を確保するため、申告・納付することとされた復興特別所得税も含みます。
 
 
これは所得について源泉所得税を徴収する際にあわせて徴収されます。この復興特別所得税は所得税額の2.1%相当になります。

予定納税とは

洗面の所得税等を下にして計算した予定納税基準額15万円以上の場合、その年の所得税等の一部をあらかじめの納税する制度のことです。
 

なぜ確定申告をする必要があるの?

会社員は毎月の給料から所得税をあらかじめ徴収され、年末調整で所得税を調整しているから必要ありません。
 
 
しかしフリーランスや個人事業主などの方々は清算・納税手続きを会社などが行わないため、所得税等を収める手続き=確定申告を自分で行う必要があるのです。
 
 
また、フリーランスや個人事業主の方々は、確定申告を行うことで、その他の手続きを行わなくても住民税や国民健康保険料などについても申告したことになるのです。(確定申告情報が市区町村に回付される)
 
年末調整とは

会社員が毎月の給与や賞与から徴収される源泉所得税の1年間の合計額と、年収に対する税額の不一致を清算する手続きのことです。年末調整は雇用主が行い、年末調整を受けると確定申告や追加税額の納付手続きは不要になります。

▶︎確定申告でコレはチェックすべき!勘定科目(経費の内訳)とは?

スポンサーリンク

 

確定申告の納税以外の3つの役割とは

1.払い過ぎた税金が戻ってくる!

フリーランスで働く人等が取引先から今週行ける場合に、源泉徴収をされた金額、または予定納税の金額が年税額より多い場合、確定申告をすることで払い過ぎていた税金を返してもらうことができます。

2.所得証明書を取得できる!

会社員とは違い、個人事業主やフリーランスで働く人は、住宅ローン等を申し込むときに必要とされる年収を証明する書類がないですよね。確定申告をすれば、所得証明書を得ることができます。
 
所得証明書とは

一般的に、所得金額、所得控除金額、課税額を記載した課税(非課税)証明書、課税証明書の内容に納税額を記載した納税証明書があり、所得金額の記載がある証明書は所得証明書として利用できます。

3.赤字を翌年に繰り越すことができる!

「青色申告」で確定申告を行う人は、翌年以降にその年の赤字を繰り越すことができます。もちろん赤字でも確定申告は必要です。
確定申告はfreeeがオススメ!「最も簡単」な確定申告サービス

  • 【”スマホ”に完全対応】 ‐スマートフォン・タブレット専用アプリを用意 ‐領収書の管理〜確定申告までスマホで完結させることが可能 ‐「スマホで申告まで完結できる」という手軽さが人気の理由 
  • 【会計・簿記の知識不要 初心者OK】 ‐銀行・クレジットカードと連携して自動処理 ‐ステップに沿って質問に答えるだけで確定申告書類を作成

▶︎無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です