個人年金保険よりも確定拠出年金を活用するべき理由とは

実はインフレや金利の上昇が見込まれる現在は、個人年金保険の加入はあまりおすすめしません。とは言っても「どうしても元本割れだけは避けたい」と思っている方もいらっしゃることでしょう。

 

そこで個人年金保険へ加入するのであれば確定拠出年金をぜひ活用してください。

 

スポンサーリンク

 

個人年金保険よりも確定拠出年金を活用するべき理由とは

おトクな商品は販売者側に不利なの?

現在は、全ての方が確定拠出年金に加入できるわけではありません。しかし、近い将来多くの方に加入資格が拡大される予定になっています。確定拠出年金は銀行をはじめ、生命保険会社や証券会社などを多くの金融機関が取り扱っていますが、まず店頭やネットなどでおすすめされることはありません。

 

なぜなら確定拠出年金を販売しても大きな儲けにつながらないという理由があるからです。本当におトクな商品というのは、販売者側にとっては儲からない商品であることが多いのです。なので当然ですが、確定拠出年金が勧められる可能性はそう多くないハズです。

 

こんなに違う還付金!

確定拠出年金は自分で運用する商品を選択してます。通常、運用する商品は投資信託や、定期預金などが思い浮かぶものですが、個人年金保険を選択するという方法があります。確定拠出年金の掛け金は全額所得控除を受けることが可能なので節税効果が高くなります。

 

例えば、毎月1万円の掛け金を支払うと12万円の控除を受けることができます。個人年金保険料控除のケースは最大でもわずか4万円にしかなりません。所得税が10%の方であれば住民税との合計20%分の税金が安くなるという仕組みになっているのです。

・確定拠出年金:12万円×20%=2万4000円

 

個人年金保険:所得税4万円×10%=4000円

        住民税2万8000円×10%=2800円 合計6800円

2万4000円と6800円の節税ではずいぶんと大きな金額の違いだと思いませんか?所得税率がもっと高い場合はより多くの節税が可能ですし、掛け金をもっと増やせる方もいらっしゃるでしょう。金利の低い今の時代、個人年金保険で資産を増やすことは不可能です。

 

しかし、こんな制度を活用すると効率よくお金が貯められます。確定申告をするなど少々面倒な面や、途中で解約できないなど制約もありますが、そのデメリットを補うほどのメリットがあります。

 

  通常の個人年金保険 確定拠出年金を活用した個人年金保険
所得控除の名称 個人年金保険控除 小規模企業共済等掛金控除
12万円/年間所得税率10%の節税額

6800円

所得税:4万円×10%=4000円

住民税:2万8000円×10%=2800円

2万4000円

所得税:12万円×10%=1万2000円

住民税:12万円×10%=1万2000円

12万円/年間所得税率20%の節税額

1万800円

所得税:4万円×20%=8000円

住民税:2万8000円×10%=2800円

3万6000円

所得税;12万円×20%=2万4000円

住民税:12万円×10%=1万2000円

確定申告(会社員等) 必要なし 必要あり
中途解約 不可 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です