会社員の副業を認めてくれる企業は今後増えていく!?

会社員の副業を認めてくれる会社は今後増えていく!?

給料が上がらない時代というのもあって、会社員の方も徐々に副業をする方というのが増えてきています。

 

会社員の副業を認める会社も徐々に出てきました。しかも中小企業ではなく大手企業です。

 

テレビCM等でもおなじみのロート製薬が社員の副業を認める方針を打ち出したのです。このような企業方針は今後の日本企業にどのような影響を及ぼしていくのでしょうか?

 

会社員が、更なる収入を得ながら、社外で視野を広げて多くの事を学んでいける環境というのは、ある意味でその本業のためにも必要なことだと思います。

 

さて、このような大手企業が打ち出した「企業方針」は今後の会社員の働き方をどのように変えていくのでしょうか。

【関連記事※簡単に安定収入!?在宅ワークで副業をしよう!

会社員の副業の認可は、学習効果にも繋がる企業方針!

今回、ロート製薬は自社の社員の副業を許可する方向で調整をおこなっていますが、これには大きな社員への期待も込められています。

 

ロート製薬の「社外チャレンジワーク」と呼ばれる今回の試みは一体何を意味して、また会社は自社の社員に何を期待するのでしょうか?

 

例をみない試みですので、効果の測定は中々難しいですが、これの試みからどのような利益が会社として生まれるのかを他企業は期待しています。

 

スポンサーリンク

 

副業により得た多くの経験を自社の仕事に生かしてもらう重要性とは?

今回のロート製薬に限らず、最近の社会ではダイバーシティという表現がよく言われています。

 

これは会社員に対して、より多様な仕事を認めたり、働き方を考えてもらうというとても良い施策であり、最近では多くの会社でこのような取り組みが盛んに行われています。

 

社外で様々な仕事を行って、多くの知識を増やして様々な事を経験をしてもらい、それを社内で共有して貰えば、会社にとっても利益になりますし、その企業で働いている社員は収入が増えて、winwinの相互作用が生まれるのです。

 

今後もこのような働き方を認めていく会社が増えていくことにより、会社員の方々が副業をして収入が増えて、消費活動を積極的に行うことで、日本に良い経済効果を与えてくれるかもしれません。

【関連記事※安全に副業!運転代行サービスで副収入を稼ごう!

 

今後の働き方と会社員の副業について

いずれにしても、会社員の方の今後の働き方はとても重要なものになってきます。

 

企業もこのような働き方を社員に認めていく事で、社内に多様な価値観を取り込んでいく事ができるという一方で、副業を自社の社員にさせて、本業がおろそかになってしまっては困るのでは?という意見もあるかと思います。

 

しかし、その点に関しては会社の上層部も十分に理解しての判断だと思います。

 

単純にそうようなデメリットの部分がある中で、メリットの部分と比較した時に、メリット部分の方が大きかったということです。

 

後ろめたい気持ちで副業を行っていくのでなくて、自分が学んだ事を会社に還元するという気持ちがとても重要なのです。

【関連記事※簡単副業!ネットオークションからはじめよう!

 

スポンサーリンク

 

時代は常に変化し続けています!

副業からは少し話はそれますが、最近では、自宅での業務を認める会社も増えてきました。

 

育児や両親の介護等、今後の日本においては様々な問題が山積みで、それらを考慮した上での働き方です。

 

どこで働いていようが結局会社の利益になれば良いのです。

 

極端な話、営業の外回りの仕事などで外回り中に寝ていたとしても結果さえ出していれば、会社もなにも文句は言わないですよね。

 

会社員の副業の問題も含めて今後は自分らしい働き方を企業と従業員の中で模索する時代だと思います。

【関連記事※誰でもできる!?オンライン投資でインターネット副業をしよう!

 

まとめ

今後、減ることのない会社の問題を解決していくには、自社の社員のスキルの向上は欠かせない事なのです。

 

自社の社員に色々な経験をさせて会社の力を上げていきたいと考える取り組みは、とても合理的であり、私は素晴らしい事だと思います。

 

今後の日本企業の社員管理や、労務管理の一つの参考になるこのような企業方針に関しては、他の企業も今一度自社の既成概念を取り払って注目してみても良いかもしれませんね。

【関連記事※え!本当に!?正社員が副業で未来が変わる?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です