介護で疲れてる方必見!家族が休める介護サービスとは!?

介護で疲れてる方必見!家族が休める介護サービスとは!?

高齢者がいる家族は、たとえ在宅の介護サービスを活用したとしてもなかなか休めずに常に気を張っていて、疲れがたまってしまうこともあると思います。

 

そんな状況が続いてしまっては、介護をこの先ずっと続けていくのは無理なんていう方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな時に、一度検討してみるべきなのが、「短期入所生活介護」と呼ばれるものです。

【関連記事※介護環境を整えよう!有効活用できる介護保険サービスとは!?

 

スポンサーリンク

 

短期滞在で気分転換の介護サービスとは!?

「短期入所生活介護」とは、俗に言う「ショートステイ」と呼ばれる介護サービスで、家族での介護が一時的に難しくなってしまった際に福祉施設に短期滞在して、日常生活の介助やレクリエーションを受けることができるというものです。

 

デイサービスの宿泊版のようなものですね!家族にとっては、一時的にでも負担が和らいで気分転換になること間違いなしです!

 

気になる費用の自己負担額は、1日当たり735円〜1038円程度です。

 

別にかかってくる食費1380円と部屋代320円(多床室)〜1970円(ユニット型個室)をすべて合算すると、最低でも1日で2400円程度になり、要介護5で個室利用となった際は、4400円程度はかかってしまいます。

【関連記事※介護認定されて利用できる居宅サービスとは!?

 

スポンサーリンク

 

医療施設の短期入所も可能の介護サービスとは!?

先述した「短期入所生活介護」を利用することができるのは、要介護1〜5の方になってしまうのですが、他の制度と同じで、要支援1・2の方向けには、「介護予防短期入所生活介護」と呼ばれるサービスがあるのです。

 

こちらの方が費用の自己負担額というのは、やや低く設定されています。

 

療養が必要な方には「短期入所療養介護」(要支援1・2の方は「介護予防短期入所療養介護」)も用意されています。

 

医師や看護師による医学的管理のもと、理学療法士などの機能訓練(リハビリ)も続けられるのが一つのメリットであり、短期入所させてくれる施設は、介護老人保険施設や医療施設です。

 

費用の自己負担額は、一般的なショートステイよりも少し高いくらいで、大きな差はないですね!

 

まとめ

どの介護サービスであっても緊急時でなければ、すぐには利用できないことが多いので、ケアマネージャーに相談するなどしてから事前に予約状況を確認してみましょう!

【関連記事※介護保険の給付を受けるにはどうすれば良いの!?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です