株式投資において信用取引の中身を勉強する事が重要!?

株式投資において信用取引の中身を理解する事が重要!?

株式投資においての信用取引を行なうことの高いメリットとは!?

株式投資を行なう方にとって信用取引というのは、大変大きな武器となってきます。

 

自分が本来持っている資金の約3倍の取引を行えますので、どなたでも短期間に大きな収益を上げる事ができるのです。

 

また個人投資家が少ない元手でも効率よく資金を回転させる事で大変大きな利益を短期間で上げる事も可能となっていきます。

 

今後、投資で収益を継続していくには、信用取引は大変重要な考え方となっていきますので、必ずきちんとしたルールを守って取引を行っていきましょう。

 

株式投資は大きな利益に目を奪われがちですが、当然リスクや損失の可能性も大変高い商品なので、その点を理解しないで信用取引を行なう事は自分の貴重な資産をあっという間になくしてしまうリスクをもっています。

 

自分の大切な資産をいかに有効に活用しながら自分の収益を増やしていくかが大変重要な事ですので、慎重かつ楽しんで投資を行っていきましょう!

 

信用取引はまずは自分が取引を行っている証券会社で信用取引口座を開設する事から始まります。

 

信用取引では現物取引とは異なる様々な用語が出てきますが、これに関しては事前にきちんと調べておくことが必要です。

 

追証委託保証金等、これこそが信用取引を危険なものと思わせる要因ですので、その点には必ず日々の取引の中で注意を払っていく必要があります。 

【関連記事※信用取引で株式投資をもっと身近なものとしよう!

 

 

スポンサーリンク

 

株式投資を勉強しよう!空売りを自分の味方につける思考方法!

株式投資は大変大きなメリットがありますが、やはり信用取引の最大のメリットは空売りです。

 

空売りを行なう事で相場の下落基調でも収益を上げる事ができるので大変素敵な投資を簡単に行っていくことができます。

 

相場は上昇ばかりが続くとは限りません。時には地政学的問題等で大幅な下落が伴いますので、そのような時に自分の収益を上げることができるというのはとても嬉しい事です。

 

最近ではリーマンショック中国の景気減速等で数日、数週間の間に大きな損失が出た事は記憶に新しいと思います。

 

空売りは信用取引の口座を持っている事が前提です。また全ての銘柄において空売りができるわけではありません。

 

貸借銘柄と呼ばれる銘柄において可能な取引ですので、証券会社のツールから自分が購入しようと感がている銘柄が貸借銘柄かどうかを確認する必要があります。

 

上場している銘柄の多くはこのような銘柄ですので、自分の投資範囲は格段に広がっていきます。

 

空売りは大変有効ですが、気をつけなければなりません!

現物で購入した銘柄は価格が下落した際の損失は購入金額に限定されますが、空売りで購入した銘柄の場合、予想に反して値上がりを続けた場合、上昇がどこまで継続するかは予想困難です。

 

相場が過熱化した場合は、更なる上昇によって損失が無限大に広がっていく可能性があります!

 

このような時、いかに早期にロスカットできるか、自分で損切りのポイントをきちんと定めていく事ができるかが大変重要となっていきます。

 

買いと売りの双方で収益を上げる事のできるという大きなメリットの一つに投資機会の拡大があり、一つのミスや損失に過度に拘泥せずに新たな気持で参戦すれば収益の可能性は格段に広がっていきます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ 

株式投資は理屈でわかっていてもいざ、自分の貴重な資産を投資した場合は合理的な判断力を失う場合が多いです。

 

信用取引でそのような考え方ですと大変大きな失敗をする可能性がありますので、その点を肝に命じて早期の売買を心がけていきましょう!

【関連記事※株式投資初心者が購入すべき銘柄とは!?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です