信用取引で株式投資をもっと身近なものとしよう!

信用取引で株式投資をもっと身近なものとしよう!

かねてより、大変多くの方が株式投資等に大きな関心を持っています。ここ数年では情報端末の進化で個人でも簡単に株式投資を行っていく事ができます。

 

中でも「信用取引」は一般的な現物取引と異なりハイリスク、ハイリターンですが短期間で大きな収益をあげるには最適な方法です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

株式投資をもっと身近なものとする信用取引とは?

「信用取引」は危険という認識が多いですが、そのメリットとデメリットを理解した上で行なう事でとても効率的且つリスクを軽減した投資を行っていく事ができます。

 

信用取引が高い収益性を誇る投資となっている最大のポイントとして、現物取引は買いのみですが、信用取引では売りと呼ばれる相場の下落を活用する方法があります。 

 

信用取引では売りを建てる事で相場の下落局面でも利益を上げる事で収益のチャンスは現物取引に比べて大変多くなります。

 

個人投資家の中にはこのような空売りを上手に活用して大きな利益を上げる方も沢山いらっしゃいます。

 

変動の激しい相場環境ではこのような手法は大変効果的で、所謂ネガティブサプライズも味方にできるのです。

【関連記事※株式投資において信用取引の中身を理解する事が重要!?

 

 

株式投資における信用取引での「レバレッジ効果」とは!?

信用取引では比較的少額な元手でも数倍の資金を動かして取引を行なう事ができる「レバレッジ効果」があります。

 

この考え方でより多くの資金を自分の投資に振り分ける事ができます。少額から投資を始めたい方にとってもダイナミックな運用が可能となります。

 

元手の3倍程の資金で効率的に売買を行っていく事で資金を有効に活用できますので、日々のトレーディングである程度の収益を上げる事も十分に可能となります。

 

短期間の回転売買を考えるデイトレーダーと呼ばれる方にはこのようなメリットは大変大きいです。日々の利鞘を考えて収益を上げるにはより機動的な売買を行なう必要があります。

 

買いと売り、双方を上手く使う事で収益チャンスは多く、また損切りを行なう精神的負担も軽減するのです。

 

しかし、元手の数倍の資金を使って取引を行なうので収益チャンスも数倍ですが損のリスクもそれだけ大きくなっていきます。

 

現物株でよく行う長期保有や塩漬けという考え方は信用取引ではあまり考えない方が得策です。短期間での売買と割りきってロスカットを機敏に行っていくべきです。

 

多額の損失を出した場合は追証と呼ばれる措置が発動されます。委託保証金維持率を大きく下回ると追加での資金投入が必要となります。

 

このような事にならないようにきちんと自分のポジションを管理してロスカットを機敏に行って次のチャンスをうかがう姿勢が長期間相場で利益を上げるコツです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

信用取引は流動性や変動幅が大きい最近の相場では大きな収益を上げるには最適な方法ですが、相応のリスクも当然存在していますので、損切りと過度の持ち越しをせずに利益をきちんと確定させていく事が大変重要なポイントです。

 

株式投資のダイナミズムを是非、楽しんでいきましょう!

【関連記事※株式投資初心者が購入すべき銘柄とは!?

 

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です