驚くほど単純!?初心者でも分かる株価が決まる仕組みとは

驚くほど単純!?初心者でも分かる株価が決まる仕組みとは 

あなたは株価がどのようにして決められているかをご存知でしょうか?

 

今更人に聞けないし、これについてはなかなか知ってるようで知らない方も多いのではないでしょうか。

 

今回はその「株価が決まる仕組み」について少しみていきましょう。

 

初心者必見!株価の仕組みを理解しよう!

驚くほど単純!?初心者でも分かる株価が決まる仕組みとは

「株価が決まる仕組み」で大事なのは需要と供給のバランス!

そもそも株価というのは、その会社(株式)に付けられた価格のことで、それを決めるのは需要と供給のバランスでありその仕組みは「オークション」と似ています。

 

というのも、株価は買い手売り手がいて初めてその価格が決定します。

 

 つまり、株の買い手の「需要」と売り手の「供給」のバランスが株価を決める大きなポイントとなるのです。

 

例えば「A社の株を売りたい人が1人、買いたい人が20人いた場合」は、買い手側の競争によりA社の株価はどんどん上昇します。

 

このように、需要が供給を上回る場合株価は上がっていきます。オークションで人気のある商品は価格が高くなるのと同じ仕組みですね。

 

これとは逆に株価が下がるのは、供給が需要を上回る場合です。例えば「B社の株を売りたい人が20人、買いたい人が1人の場合」は、売り手側の値下げ競争がはじまるので、B社の株価はどんどん下落します。

 

オークションでも売り手がたくさんいて買い手が少数の場合は、価格を下げないといつまでもモノが売れないのと同じ原理ということです。

 

つまり、株価を決定するのは「市場原理」なのです。「需要が高ければ株価は上昇」し「需要が少なければ下落」するのです。

 

ただし、現実の株式市場では、需要と供給のバランスは「人の数」ではなく「数量」で決定します。

 

スポンサーリンク

 

債券価格の仕組みも株価と同じ需要と供給!?

驚くほど単純!?初心者でも分かる株価が決まる仕組みとは

では、債券価格ではどうなのでしょうか?この債券価格の仕組みについてみる前にまず「債券」というものについて解説しますね。

債券とは、国や地方自治体、企業などが、投資家からまとまった資金を調達することを目的として発行する証券(借金証書)のことをさします。

あらかじめ支払う金利や満期日が定められており、債券に投資した投資家は定期的にクーポン(金利)を受けとることができます。

また、満期になると元本が償還されます。

引用 債券投資ガイド

 

債券というのは、国や地方公共団体、企業などが一般の投資からまとまった資金を調達することを目的としてあらかじめ利率や満期日などを定めて発行するものです。

 

通常、額面金額は1単位あたり100円で一定期間ごとに利息がもらえて満期時には額面と同じ100円で償還されます。

 

ただし、債券を満期前に流通市場で売却することもできます。この場合は、発光体の健全性や金利水準などにより取引される価格は額面とは異なる金額となり、これを「債券価格」と呼びます。

 

債券価格も株と同じように需要が多ければ上昇し少なければもちろん下落します。

 

例えば「利率3%の債券A」に対して、金利が上昇し「利率5%の債券B」が新規発行されたとします。

 

こうなると、どう考えても「利率5%の債券B」を買ったほうが多くの利息を受け取れるため、利率の低い債券Aの需要はなくなり価格は下落します。

 

この例の場合でどちらの債券も1年満期で100円分所持したとすると、債券Aは利率3%なので1年後には3円の利益、新規発行の債券Bは利率5%なので1年後には5円の利益となります。

 

そのため、債券Aも5円の利益が出るような価格に下落します。もし、債券Aを98円で買えれば、償還額100円との差額の2円と利益分の3円とで5円の利益が出ますので債券Bとの差がなくなるわけです。

 

逆に金利が下落して「利率1%の債券C」が新規発行されたとします。この場合「利率3%の債券A」の方が多く利息を受け取ることができるため需要が増えて価格は上昇します。

 

額面より高い価格で購入したとしても、利息分で相殺できるため価格が上昇するという仕組みになっているのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?株価や債券価格が決まる仕組みはまるでオークションのようで、実は単純なのです。

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

あなたにオススメの記事

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/sharp-chouraku-kongo-kabuka-yosou/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/saninsen-zengo-kabuka/

ぜひ知っておこう!2016年初心者におすすめの投資方法とは!?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です