住宅ローンを組むと保険が二重に!ライフプランの変化で見直しが必要?

なぜ住宅ローンを組むと保険が二重になってしまうのでしょうか?それは住宅ローンを組む条件に保険の加入が義務付けられていることがほとんどだからです。金融機関は住宅ローンを貸し出してくれますが、もしかしたら借りた方が亡くなってしまい、取り立てができなくなってしまうかもしれないリスクを抱えています。

 

スポンサーリンク

 

住宅ローンを組むと保険は二重になる!?

銀行は債権者に保険を掛ける

もちろん住宅ローンを融資する際には抵当権を設定しているので支払いが滞ったら家を取り上げて売却することができます。しかし、世帯主の死亡時に家まで取り上げるというのはあまりに酷い気がしますよね。

 

そこで、金融機関は住宅ローンを組んだ人の死亡や高度障害といった不測の事態に備えて保険を掛けるのです。この保険を団体信用生命保険と呼んでいます。これは通称で「団信」と言います。「団信」は、住宅を購入する前に加入した保険です。

 

もちろん必要保障額を計算する際には家賃分を考慮します。しかし、住宅を購入すると家賃分を考慮する必要がなくなります。保険が二重になると先述したのはこういった理由があるのです。

 

とは言っても、固定資産税や管理費(マンション)などのランニングコストを忘れてはいけません。リフォーム費用にも貯蓄で備える必要があります。住宅を購入するということはライフプランが変化するということです。そして、イフプランが変化した時には、保険の見直しを行うことが家計を管理するポイントです。

 

住宅を購入した時に保障を見直すことで多すぎる保障分の保険料を払う必要がなくなります。余談ですが、住宅金融支援機構と金融機関がタイアップしている「フラット35」を利用して、住宅ローンを組む場合は団体信用生命保険への加入が義務付けられていません。

 

普通の金融機関の場合、団体信用生命保険に加入できない健康上の問題がある人は、住宅ローンを組むことができませんが、フラット35の場合は住宅ローンを組める可能性があります。死亡したら保険金とローンが相殺される団体信用生命保険。「死亡するわけではないけど働けない」というリスクもあるかもしれません。

 

そんなときは、就業不能保険への加入を検討するのも一つの方法です。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です