ジュニアNISAの概要とは!?強制預金で教育資金を貯めよう!

ジュニアNISAの概要とは!?強制預金で教育資金を貯めよう!

個人投資家の育成等を目的として2014年に開始されたNISA(少額投資非課税制度)に、子供の教育資金積み立て用の「ジュニアNISA」が近頃話題となっています。

 

このジュニアNISAは、口座受付が2016年1月からスタートして、2016年4月から実際に投資を始めることができます。

 

知ってる!?そもそもNISAとは?

NISAは、この専門口座で株、投資信託などの購入金額が年間120万円(2016年1月より100万円から増額しました)までであれば、その運用利益や分配金等が5年の間非課税になる制度です。

 

これに関しての注意点は、非課税枠が余っても、翌年には繰り越せないので気をつけてください。

 

スポンサーリンク

 

ジュニアNISAの概要とは?

ジュニアNISAの概要とは、0歳〜19歳の未成年を対象としたもので、子供のご両親が子供に贈与したお金をその子供名義の口座で運用するというものであり、教育資金の貯蓄を目的とした制度です。

 

基本的な仕組み自体は、NISAとなんら変わらないのですが、非課税枠が年間80万円に抑えられているという点が異なる部分です。

 

また、無駄な引き出し等を防ぐ目的でも、子供が3月31日に18歳になる年の1月1日以降になるまでは、引き下ろせないというのも特徴の一つでもあります。

 

ジュニアNISAのデメリットとは!?

またこのジュニアNISAのデメリットとしては、そもそもNISAは専用口座になりますので、他の株や投資信託との「損益通算」ができないという点です。

 

一般の口座であれば、同年度に複数の銘柄株を売買して利益、損失が発生した場合それを相殺することが可能なのですが、NISA場合は、運用で損失が仮に出たとしても一般の口座で得た運用利益に関しては、完全に課税対象になってしまいます。

 

また、損失を3年間繰り越して利益と相殺することのできる「譲渡損失の繰越控除」も利用できないので、この点も注意が必要です。

 

また、その他のデメリットとしては、ジュニアNISAには元本割れのリスクというものがあり、「運用制度につられて教育資金を無理に運用しなくてもいいのでは?」という疑問の声もあがっています。

 

ジュニアNISAのメリットとは!?

また、ジュニアNISAにはもちろんデメリットもあるのですが、そのメリットも存在します。

 

その最大のメリットとしては、将来の子供の教育に備えることができる強制積立預金になります。

 

18歳の歳まで引き出せない仕組みになっていますので、その利用価値は高いと言えます。

 

ジュニアNISAは長期運用が前提となっています。株や債券等も10年単位で保有していれば、株価や為替の変動リスクも少なくはなるので、実際には大きな損失を被るということは少ないと言えるでしょう!

 

スポンサーリンク

 

ジュニアNISAの活用術とは!?

また、ジュニアNISAは、自分の両親、すなわち、子供からみた祖父母に資金援助をしてもらいたいという時にとても役に立つのです。

 

「孫のための教育資金」「18歳まで引き出せない」という大義名分があれば、祖父母を説得しやすいはずです。

 

また、これ以外にも子供の教育資金を貯めておく通帳に「**大学進学定期預金」と記載しておいて、解約できないように自制する方法もなかなかおすすめです!

 

まとめ

2009年の総務省全国消費実態調査によると、子供が2人いる勤労者世帯(長子が大学生)では、消費支出の割合が27.7%にも及ぶので、教育費を軽減する一つの手段として、ジュニアNISAをうまく活用してみてはいかがでしょうか?

【関連記事※学費で悩んでいる方必見!教育資金の貯め方を徹底解説!

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です