自転車保険のメリットとデメリットを徹底解説します。

今回は”自転車保険のメリットとデメリット”について少し見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

自転車保険のメリットとデメリットを徹底解説します。

膨大な賠償金で自己破産も!

2013年夏、「自転車事故での損害賠償額が9500万円」という報道がありましたよね。これを聞いて驚いた方も少なくないのではないでしょうか?被害者の女性は現在でも戻らず、高額な支払いが命じられたそうです。

 

これほど高額でなくても数千万円単位の賠償事故は数多く発生しています。交通事故の発生数は年々少なくなっているのに対して自転車事故の割合は増加しています。加害者になるのも困りますが反対に被害者になったとしても賠償金や治療費を受け取れない可能性が高いということをご存知でしょうか。

 

加害者側に払うお金がなければどうにもなりませんし、自己破産する方も少なくないそうです。やむを得なく泣き寝入りしてしまう方も多いと聞きます。

 

とはいえ、この9500万円の被害者の場合まだマシな方でした。というのも被害者自身の保険会社から6000万円が支払われているからです。これは自動車保険の人身傷害補償保険から支払われたのだと推測しています。通常、人身傷害補償保険は3000万円や5000万円を上限に設定している方が多いと思いますが、この事故も補償されるタイプに加入していたのでしょう。

 

加害者の母親は、この保険金を払った保険会社に6000万円を返す義務が生じます。

自転車にも保険が必要な時代へ!

こういった大きな事故が報道されたことで、自転車保険が多彩になってきました。自分が加害者になったときはもちろん、自分自身が死傷したなど両方の補償を得ることが可能です。いわば、賠償責任保険と傷害保険をセットした保険だと考えてください。保険会社によって異なりますが、損害賠償額は1000万円〜2億円と千差万別です。

 

自動車保険は気軽に加入できるものですが、個人単位で加入したり、自分の死傷に対する補償は低いのがデメリットだと言えます。一般に死亡数百万円、入院日額6000円といったところでしょうか。入院や通院は事故から180日までなので、自分の意識が戻らず長期入院という状態では、ほとんど役に立ちません。

 

一番手厚い補償を得るためには、自動車保険の人身傷害補償保険を無制限で歩行中を含めて補償される保険を選択するべきです。自分はもちろん家族まで幅広く補償されます。これに個人賠償責任保険特約、弁護士費用特約、示談サービス特約を付加すると無敵となるでしょう。

 

しかし残念ながら自動車を持っていない場合は、これほど手厚い方法は他に見当たりません。

自転車保険のメリットとは

これはやはり、いざ自転車事故を起こしてしまった時に、損害賠償を心配しなくていいというものです。自転車事故の損害賠償というのは、過去には1億円近いものもあり、5000万円以上の損害賠償もたくさんあります。そのような事故を万が一起こしてしまった場合も、その金額を全額保証してもらえる、あるいは一部保証してもらえるというのは大きな強みでしょう。

出典 http://www.re-watches.com/merit.html

スポンサーリンク

自転車保険のデメリットとは

逆にデメリットについて書くと、これはお金がムダになる可能性もあるということです。ムダといっても、自転車事故は起きないのがベストですから事故がなかったことはとてもいいことなのですが。それでも、毎月一定の出費をしたということは間違いありません。自転車保険は一人だけの場合年額大体4000円、2人の場合は6000円、3人の場合は8000円となっています。年額でこれですからさほど大した出費ではないのですが、少しでも節約をしたいという方にとってはこの出費もデメリットと感じられるかも知れません。

出典 http://www.re-watches.com/merit.html

自動車保険の商品ごとの比較

保険料は本人型で試算!家族がいるなら家族型で加入しよう!

商品名 会社名 保険料 賠償責任額 入院 死亡 内容
(あ・う・て)怪我の保険Bycleブロンズ au損保 4,290円 5000万円 4000円 300万円 示談代行サービス
ネットdeサイクル(本人型)Bコース 三井住友海上 4,490円 1億円 6000円 500万円 示談代行サービス
ドコモサイクル保険 東京海上日動 440円×12ヶ月 2億円 3000円 500万円  示談代行サービス/ドコモの契約者かつプレミアム会員のみ

自動車保険の特約で自転車保険を割安にゲット!?

おトクな自転車保険がある!?

自動車保険に自転車保険の特約を用意している保険会社は数多くありますが、わずか3500円でセットできる自転車保険があります。共栄火災の自動車保険に、自転車傷害補償特約と日常生活個人賠償責任補償特約をセットすると、同居の家族全員が補償されます。

 

厳密に表現すると同居の家族と別居の未婚の子供が対象です。自転車保険は個人単位で加入する場合、どんなに安くても4000円〜5000円程度です。家族単位だと1万円は超えてしまうでしょう。年間3500円で家族全員の自動車保険を用意できるのは魅力的ですね。

 

とはいっても、もともと共栄火災の自動車保険に加入している方ならば話は早いですが、自動車保険自体を変更する必要があるので面倒なこともあるかもしれません。自転車傷害補償特約の特徴は、部位や症状別に支払い額決定される仕組みにあります。

 

例えば、大腿骨を骨折して治療日数(入院・通院)が5日以上になった場合、一時金で39万円が支払われるといった具合です。入院日数に応じた支払いではないため、治療が長引いたケースでも迅速な支払いを期待できます。

 

また、日常生活個人賠償責任補償特約は2億円まで設定されています。賠償額は最低でも1億円、できれば2億円まで準備しておきたいものですね。日常生活の賠償責任保険の限度額を2億円まで設定している自転車保険は”ドコモサイクル保険”と共栄火災の”日常生活個人賠償責任補償特約”になります。共栄火災の人身傷害保険自体も家族ぐるみで歩行中でもOKです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です