自動車保険の基本は4つ!その賢い選び方とは

今回は自動車保険の基本とその賢い選び方について少し見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

自動車保険の基本は4つ!その賢い選び方とは

安さを売り物にする通販型の自動車保険が増加してきました。特に事故を起こしたことがない方にとっては保険料というコストを抑えたいものですが、必要な保障やサービスを削ってしまっては元も子もありません。

 

しっかりとした補償を用意しつつも不要な特約を外すという観点から、自動車保険をカスタマイズする必要があります。カスタマイズと申し上げたのは、実は自動車保険は一つの保険ではないからです。様々な保険がセットになっていて、その上でトータルの保険料が決まる仕組みとなっているのです。

 

”全体としての保険料が安いのか高いのか”ということしか目に入りませんが、自動車保険を選ぶ上で一つ一つの補償内容と金額をチョイスすることが何よりも大切となります。自動車保険は4つの補償を組み合わせて加入します。

  1. 相手への補償(対人賠償保険・対物賠償保険)
  2. 自分や家族のための補償(人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険・無保険車傷害保険)
  3. 自分の車の補償(車両保険)
  4. 特約(弁護士費用・事故、故障付随費用特約・個人賠償責任保険など)

 

補償内容をよく見て有利な割引制度を活用したり、必要でない特約を外すなど見極めていきましょう。保険料見積り一括サービスを活用する場合、自分が入力した補償金額を削ってまで安い保険料を提示する保険会社もあるので、細心の注意を払って自動車保険を選んでください。

 

  けが・死亡
相手

相手の人が被害を受けた

1.対人賠償保険

▶︎他人を死傷させてしまった時に補償する保険。自賠責保険の限度額を超える部分に対して保険金が支払われる。

▶︎1億円の賠償責任のケースでは3000万円が自賠責保険から7000万円が対人賠償責任保険から支払われる。

相手の物が被害を受けた

1.対物賠償保険

▶︎自賠責保険では補償されない他人の車や建物などの「物」を壊してしまったときに保険金が支払われる。

自分

自分や家族、または搭乗者が被害を受けた

2.人身傷害補償保険

▶︎過失相殺分をカバーする保険。自動車保険は過失割合に応じた保険金が減額され、自分の過失分は対象外。人身傷害補償保険は、減額されてしまった過失割合分を補償する保険。

▶︎自分や家族が歩行中や他の事に乗っているときの事故も補償する商品もある。

2.搭乗者傷害保険

▶︎入院や通院、死亡などに対してあらかじめ定められた保険金が支払われる。

自分の車が被害を受けた

3.車両保険

▶︎補償範囲に応じて「一般」と「エコノミー(車対車)+限定A」がある。

一般:全てのリスクに備える

エコノミー(車対車)+限定A:電柱などの単独事故や当て逃げなど相手がわかならないケースでは補償されない。

特約

4.「弁護士費用等補償特約」「個人賠償責任保険特約」「対物修理費用超過特約」は保険会社によって名称が異なることもあるが、必須。「弁護士費用等補償特約」は、日常生活中における偶然な事故に対しても、対応できるケースもある。その他、「身の回り品特約」「代車費用」「事故時付随費用補償特約」「特定修理工場入庫特約」「生活用動産特約」など。

 

スポンサーリンク

 

そもそも自動車保険は2種類ある!

ある程度自動車保険の賢い選び方について先述しましたが、”そもそも自動車保険とは”というところも少し見ていきましょう。

自賠責保険は強制加入!

運転するなら自動車保険は必須です。自動車保険は「自賠責保険」「任意の自動車保険」の2種類に分かれています。このうち、自賠責保険は法律で加入することが義務づけられており、車を登録したり車検をうけるために加入証明書が必要になります。

 

つまり加入しないという選択肢はありません。公道を走る全ての車やバイクは自賠責保険へ加入が義務付けられています。

任意とはいっても必須!

一方で任意の自動車保険は”任意”なので、加入が義務付けられているわけではありません。しかし、任意保険は絶対に必要だと言っても過言ではないです。というのも、自賠責保険の保険金には限度が設けられています。

 

死亡事故の場合、被害者一人当たり3000万円が上限です。後遺症害の場合は、その症状に応じて最高4000万円となっています。それに加えて治療費の上限が120万円です。交通事故では健康保険を使うことはできません。普段であれば3割普段の医療費も10割負担ではあっという間に120万円に達してしまうでしょう。

 

さらに慰謝料や休業損害、診断書などすべてを含めて120万円が限度となっているのです。大切なことは自賠責保険の対象は対人事故しか補償してくれないということです。これは死傷させた相手だけにしか保険金が支払われないという意味です。

 

例えば、相手のトラックに効果な商品が積んであるかもしれませんし、衝突した相手が高級車かもしれません。ブレーキとアクセルを間違えて、お店に突っ込んでめちゃくちゃにしてしまったという事故も度々ありますよね。このように衝突したのが人でない場合は、自賠責保険から1円たりとも支払われません。任意保険は絶対に必要だというのにはこんな理由があるのです。

 

スポンサーリンク

 

4台に1台は無保険車という怖い実態

多くの方が任意の自動車保険へ加入していると思いがちですが、ここに驚きの統計があります。日本損害保険協会の資料によると2013年3月末における国土交通省発表の保有車両数に対して、任意の自動車保険の加入率は73.3%となっています。

 

これは街を走っている車の4台に1台は任意の自動車保険に未加入だということです。無保険の自動車と事故を起こしてしまったらどうしますか?自分が働けないという状況に陥ったとしても相手からお金をもらえないかもしれません。自分の保険で自分を守るしか方法はないのです。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です