移送費 〜医療保険制度〜

移送費 〜医療保険制度〜

前記事【※絶対にチェックしておくべき医療保険制度の基本給付4選!参照】で少しお話しましたが、今回は移送費について詳しくご説明したいと思います!

 

移送費

医師の指示によリ緊急に転院した際に、給付されるものがこの「移送費」と呼ばれるものです。

 

病気や怪我などで移動が困難であり、さらに緊急な事態のときに、たとえば、転院に福祉タクシーなどを使った場合など、いったん自分で立て替えた費用を後で払い戻してもらうことができます。

 

移送の際に医師や看護師などに付き添ってもらった場合の費用も、医学的管理が必要であったと医師が判断する場合に限りますが、原則として1人までの交通費が算定されます。

 

この移送費が給付されるのは、具体的には下記の場合です。

 

①負傷した患者が災害現場などから医療機関に移送された場合。

②離島などで病気にかかったり、負傷した患者が、付近の医療機関で十分な診療を受けられないため、最寄りの医療機関に移送された場合。

③移動困難な患者が、入院している医療機関では十分な診療を受けられないため、医師の指示により緊急に転院した場合。

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事※あなたはどの種類!?3種類に分けられる健康保険!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

【一般被保険者の健康保険の移送費】

①移送費の給付額

移送の目的である診療が保険診療として適切であって、患者が移動困難であり、さらに、緊急その他やむを得ないと保険者(全国健康保険協会または健保組合)が判断した場合について、最も経済的な通常の軽路および方法により移送された場合の費用により算定された金額が給付されます。


②移送費の手続き

移送費支給申請書に医師の意見書、領収密等を添付して、事業所を管理している全国健康保険協会都道府県支部または、加入する健保組合までご提出下さい。

【関連記事※知っておきたい医療保険制度についての豆知識まとめ!

 

【日雇特例被保険者の健康保険の移送費】

①移送費の給付額

一般の被保険者の給付額と同じです。

②移送費の手続き

一般の被保険者と同様の書類に被保険者手帳を添付して、住所地または居住地の全国健康保険協会都道府県支部までご提出下さい。

③その他必要事項

保険料の納付状況に応じて支給対象にならない場合もあります。全国健康保険協会都道府県支部または委託市町村に被保険者手帳を提示してご確認ください。

 

【国民健康保険の移送費】

①移送費の給付額

健康保険と同じです。

②移送費の手続き

健康保険を同様の書類を居住の市区町村または加入している国保組合までご提出下さい。

【関連記事※国民健康保険加入者が会社都合の退職で、20万円得する方法!

 

スポンサーリンク

 

【船員保険の移送費】

①移送費の給付額

健康保険と同じです。

②移送費の手続き

健康保険を同様の書類を全国健康保険協会船員保険部までご提出下さい。

 

 

【共済組合の移送費】

①移送費の給付額

健康保険と同じです。

②移送費の手続き

健康保険を同様の書類を加入する共済組合までご提出下さい。

【関連記事※医療保険制度の費用対効果を最大限まで高める方法!!

 

 

まとめ

緊急でやむを得ない場合とはいえ、こういった移送するお金まで実は給付対象なんですね!また、その給付する際の注意事項などもそれぞれ加入している健康保険によって変わってくるのでぜひチェックしてくださいね!

 

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です