あなたもリスク分散しよう!そもそも投資ってどこで始めればいいの?

「”投資”ってよく聞くし興味あるけど、どこで始めれば良いのかわからない‥」と、悩んでいる方も少なくないと思います。そこで今回はそもそも投資はどこで始めれば良いのかということについて少しみていきましょう。

スポンサーリンク

 

投資をするにはどこで何をすればいいの?

株式や投資信託など「増やす」ための金融商品の多くは証券会社で取り扱っています。とはいえ、これは証券会社で実際に金融商品の売買をするという意味ではありません。
 
 
 
株式を売買するのは証券取引所というところです。証券会社はあくまで投資家たちから売買注文を受けて、証券取引所へつなぐ仲介業者なのです。
 
 
 
窓口のある証券会社に口座を開設すると、営業の担当がつき、どんな商品で運用するのがベストかといったことをアドバイスしながら、対面または電話で売買注文し、取引を行ってくれます。
 
 

スポンサーリンク

 

ネット証券のメリットは手数料・情報・自由な取引

手軽に投資を始めてみるというのであれば、ネット証券会社をチェックしてみましょう。ネット証券会社とは、インターネットを投資の場面で積極的に活用するオンライントレードを専業とする会社です。
 
 
 
あと1番の魅力は、手数料に代表される取引コストの安さですね。店舗を持たず、コストが抑えられた分を利用者に還元しているでは、ネット銀行と同じです。
 
 
 
これは、投資成績に直結する大変重要なポイントになります。また、豊富な情報や便利ツールも注目したいところです。積極的にお金を「増やす」ためには、株価が上がりそうな銘柄を予想して投資しなければなりません。
 
 
 
しかし、ネット証券会社には証券会社の様に担当者がおらず、誰かがアドバイスしてくれるというわけではありません。
 
 
 
その代わりに利用できる情報ツールを充実させておくことで、誰でも簡単にたくさんの情報が収集できるようにしているのです。さらに、自分のペースで取引が出来るのもポイントです。
 
 
 
ほぼ 24時間対応のシステムを使用しているため、パソコンやスマホがあればいつでもネット上で注文予約が可能となっており、場所も時間も限定されることがありません。
 
 

スポンサーリンク

 

証券会社とネット証券のメリット・デメリットとは

従来の証券会社にもネット証券にもそれぞれメリット・デメリットがあります。どんな特徴があるのか見ておきましょう。

ネット証券

メリット

  • インターネットができる環境であれば取引可能
  • 手数料が安い
  • 豊富なトレードツールがある

デメリット

  • 担当者がついてくれないので自分で勉強しなければならない

証券会社

メリット

  • 営業の担当者がどんな金融商品や銘柄が良いのかアドバイスしてくれる

デメリット

  • 口座管理手数料や売買手数料が高い
  • 電話か対面での売買注文なので不便な場合もある

おすすめのネット証券4選とは

他にもいくつかネット証券はありますが、特に人気の高いネット証券を4つピックアップしました。それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.カブドットコム証券「自動売買の方法が豊富」

三菱東京UFJグループの証券会社です。時間にあわせて売買を自動で行ってくれるシステムは、時間指定注文など業界最多の9パターンが設定できます。また、売買単位が1株買い付けできるプチ株取引にも対応しています。
 

2. SBI証券「全般的に格安手数料で安心」

ネット証券の中では売買代金シェアナンバーワンの大手です。取り扱う金融商品が多いので、迷ったらココという考え方もありです。手数料も安く、現物取引の場合10万円までなら150円、50万円でも290円です。(スタンダードプラン)
 

3.楽天証券「手数料でポイントが貯まる」

多くの投資家が愛用する分析ツール「マーケットスピード」は、最初の3ヶ月間は無料で利用可能です。あとは、外貨MMFの商品が豊富です。手数料に応じて楽天グループの共通ポイントも貯まります。
 

4.マネックス証券「ツールの使いやすさがポイント」

現物の株式取引手数料が10万円までの投資額で108円と業界最安値です。リアルタイムで株価のランキングを知ることができるトレーニングツール「新マネックストレーダー」は、スマホやiPad版アプリと登録銘柄の共有が可能です。
 

運営会社

株式会社  Days-Works
株式会社  Days-Works
このサイトでは、日々の生活や将来に不安がある方々のために、様々な知って得するお金の知識をご提供しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です