投資経験者必見!”インデックス運用”と”アクティブ運用”はどちらがオススメなの?!

今回は投資運用についてなのですが、“インデックス運用”“アクティブ運用”はどちらがオススメなのかということについて見ていきましょう。

まず”インデックス運用”と”アクティブ運用”ってなに?

インデックス運用とは

インデックス運用とは、目安となる指数(ベンチマーク)に連動した運用スタイルのことです。 例えば、日本株で運用する投資信託の場合、日本株の代表的なインデックス(指数)である日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などのインデックスをベンチマークとして、それに連動した値動きをするよう運用します。

出典 http://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/i/J0120.html

アクティブ運用とは

アクティブ運用とは、目安となる指数(ベンチマーク)を上回る成績を目指す運用スタイルのことです。 例えば、日本株で運用する投資信託の場合、日本株の代表的なインデックス(指数)である日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などのインデックスをベンチマークとして、それを上回る成績を目指します。

出典 http://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/a/J0119.html

“インデックス運用”と”アクティブ運用”はどちらがあなたにオススメなの?!

これについては、まず”インデックス運用から始めるべきです。資産運用の方法はアクティブ運用とインデックス運用の2つに大きく分けられます。インデックス運用とは日本株なら日経平均やTOPIXといった市場の平均値と同じ運用成果を目指す運用方法のことです。一方のアクティブ運用とは、銘柄を選ぶことによってインデックスよりも高い運用成績を狙って投資するという方法になります。

 

特に初心者は、まずインデックス運用で資産運用を始めるべきです。それには3つの理由があります。

 

第一に、インデックスファンドはコストが低いという理由があります。下記表から、インデックスファンドとアクティブファンドのコストを比較すると、インデックスファンドの方が低くなっています。

運用期間ファンド数インデックスを上回った数比率
過去1年32213542%
過去3年
24511848%
過去5年22111452%
アクティブファンドは手数料が高めになっているものが多いのです。ネット証券で販売されているインデックスファンドなら、販売手数料はかからないのは当然で、信託報酬(年間の管理コスト)も0.5%以下のものも登場しています。

 

そして、第二にファンド選びが簡単です。インデックスファンドのような市場の平均値に連動した投資成果を目指す商品は、同じインデックスに連動するものなら、どのファンドを選んでも運用成績はほぼ同じです。

 

アクティブファンドのようにファンドマネージャーによって成績が大きく変わるといったことがないので、コストを比較しながら商品選択をすることができます。このような理由からシンプルにファンド選びが可能です。

 

インデックス運用は市場の平均値に幅広く投資していく方法なので、個別の銘柄によって大きく変動したりすることがありません。アクティブ運用の場合は、運用責任者の能力によって運用成績が大きく変動する可能性があります。

 

実際に、アクティブ型の投資信託を調べて見ると、半分以上はインデックス(市場平均)を下回っているという分析結果もあります。であれば、インデックスファンドで運用した方が安心感もあり、ベターな選択ということになります。

 

少なくともこれから投資を始めるような初心者の方は、コストの低いネット証券を使ってインデックスファンドで始めましょう。

まとめ

アクティブ運用とは市場平均(インデックス)を上回ろうとする運用方法ですが、自分でやってもプロがやっても成果が出にくいです。まずは低コストのインデックスファンドを活用しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です