コレで貧乏脱出!今の収入を増やすために取るべき資格とは?

今回は現状から収入を増やすべく取るべき資格をいくつかご紹介します。

「資格取得」で現状から収入アップをはかろう!

収入アップの方法としてまず考えられるのが、キャリアアップのための資格取得です。例えば、製造業ではフォークリフトやクレーン運転士、金融業界ではファイナンシャルプランナー(FP)、経理関係では簿記2級以上も持っていると、資格手当が出たり、昇格や希望する部署への異動が叶ったりすることもあります。

 

しかし、資格を持っているだけで副収入アップを望むのは無理です。資格取得の勉強をしながら、会社で実務経験を積むことも大切です。

種類特徴主な資格
国家資格法律に基づいて、国や国から委託を受けた期間が実施する資格。一般的に公的資格、民間資格と比べてもそのレベルも高く、資格の信頼度も高い。医師、薬剤師、建築士、栄養士、弁護士、税理士、行政書士、社会保険労務士、FP技能士、保育士、看護師、介護福祉士、教員、フォークリフトやクレーン運転士、騎手、ピアノ調律師、パン製造技能士など。
公的資格国家資格が国から認定する資格であるのに対し、公的資格は民間団体や公益法人が実施し、文部科学省や経済産業省などの官庁や大臣が認定する資格。簿記、珠算、秘書検定、CADトレース、准看護師、手話通訳士、訪問介護員、ケアマネジャーなど
民間資格民間資格とは、団体や企業が試験を行って認定する資格のことで、国家資格と異なり法律の規定などがないので、社会のニーズに即座に対応できるなどの強みが特徴。独自の内容を盛り込んだ個性的な資格も多くある。証券アナリスト、インターネット検定、FP、臨床心理士、インテリアコーディネーター、産業カウンセラー、ソムリエ、フードコーディネーター、野菜ソムリエなど。
POINT

将来独立する場合にも、資格がやくに役に立ちます。弁護士や税理士は「業務独占資格」と言って、その資格がないと業務を行うことができません。行政書士と社会保険労務士のように2つの資格を持つ「ダブルライセンス」で起業する方もいます。

資格取得の勉強方法は?

資格取得には費用、時間、労力がかかるので、なんのために資格をとるのかをよく考えましょう。資格取得の勉強方法には、通学、通信講座、独学の3種類があります。

通学

  • 費用:学費がかかる(数万円〜数十万円)+交通費
  • 時間:仕事が終わってから授業を受けるので、時間のやりくりが大変

特徴

  • カリキュラムに合わせて効率よく勉強できる。
  • わからない箇所は、すぐに質問できる。
  • カリキュラムに沿って進むので意志が弱い方でも続けやすい。
  • 共通の目的を持つ仲間ができやすい。

通信講座

  • 費用:通学ほどではないが、費用がかかる。
  • 時間:自分の空いた時間でできるので、時間の制約は少ないが、課題の提出期限など締め切りがあるケースも。

特徴

  • 通信講座が提供する教材で、カリキュラムに合わせて勉強できる。
  • わからない箇所は、質問シートなどで聞いたり、課題の添削をしてもらったりできる。
  • 自己管理が必要。

独学

  • 費用:教材費だけなので安上がり。
  • 時間:自由な時間でできる。

特徴

  • わからない箇所があっても自分で調べて解決しなければならない。
  • 市販のテキストだけなので、深い知識が得られにくい。
  • 基本的に勉強仲間がいないので、継続するのに強い意志が必要。

会社の制度を活用して資格を取る!

今の会社に勤めながら、社内の制度をうまく利用してスキルアップを図ることができます。例えば、資格取得支援制度やカフェテリアプランがあります。会社によっては、福利厚生として制度を導入している場合があります。

資格取得支援制度

  • 会社により支援方法は異なるが、一般的には社内で必要な資格に対する講座や受験料の費用を補助したり、合格した場合、祝い金等を支給したりする制度。

カフェテリアプラン

  • 食堂のカフェテリア方式で、会社が決めた福利厚生メニュー(資格取得補助、施設利用補助、旅行補助など多彩)の中から自分の好きなものを選べる制度。
雇用保険の教育訓練給付を使うとさらにお得

雇用保険加入者が、厚生労働大臣が指定した教育訓練講座を受講した場合、その経費の一部を支給する制度です。「一般教育訓練給付」の場合は経費の20%(最大10万円)、「専門実践教育訓練給付」の場合は経費の40%(最大1年間で32万円、3年間で96万円)が支給されます。

▶︎ハローワーク公式HP

どんな資格を取ればいいの?

一口に資格と言っても、実に多種多様です。趣味のレベルならなんでも好きなものを学べば良いのですが、収入アップやキャリアアップを目指すなら、的を外さないようにしましょう。

 

そのためには、まず3年後、5年後の自分をイメージしてみましょう。活躍していける自分をイメージしてみましょう。活躍している自分を想像して、必要な資格を勉強するのです。または、憧れの先輩に近くために、資格を取れるのもいいことです。

これからの時代に有利な資格はコレ!

  • 英語に関する資格
  • ITスキルに関する資格
  • プレゼンテーション能力に関する資格



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です