【2017年版】個人型確定拠出年金(iDeCo)についてのメリットまとめ

今回は2017年の個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットについて詳しく解説していきます。これは定年後の資産作りに役立つマネー技の筆頭ですので、ぜひチェックしておいてください。

まず確定拠出年金ってなに?

まず確定拠出年金ってなに?っていう方もいらっしゃると思いますので、基礎から解説していきたいと思います。確定拠出年金とは、加入者自身が将来受け取る年金を形成するための資産を運用するというものです。運用益が非課税になったり、所得税や住民税の控除といった様々な税制優遇が受けられるため、非常におトクな制度というわけです。

 

なお、原則として60歳になる前に積立金は引き出せないのでそこは注意が必要なポイントになります。

スポンサーリンク

 

2017年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo)の対象者が拡充!

主婦や公務員も利用できるようになった!

2016年までは自営業者や企業年金のない企業に勤めている会社員しか確定拠出年金に加入することができなかったのですが、2017年1月以降は基本的にすべての人が加入できるようになりました。また、これまで拠出額の上限が月ごとに決まっていたのですが、年間での上限に変わったので、ボーナス時にまとめて運用するという使い方が可能になったのも大きな変更点と言えるでしょう。

POINT

個人型確定拠出年金(iDeCo)はほとんどの人が加入できるようになった!

確定拠出年金の対象者と運用上限

加入対象者拠出限度額(年間)
国民年金第1号被保険者816,000円
企業年金のない企業の従業員276,000円
国民年金第3号被保険者276,000円
企業型DC加入者(他の企業年金なし)240,000円
企業型DC加入者(他の企業年金あり)144,000円
公務員等144,000円
他の企業年金加入者(企業型なし)144,000円

企業型確定拠出年金に加入している人はよく確認しよう!

企業型確定拠出年金は3パターンある!

企業型の確定拠出年金は大きく分けて3つのタイプがあります。一つは企業がすべての資金を出してくれるもの。二つ目は企業が出してくれる資金に自分の給与をプラスするマッチング拠出を採用しているもの。そして三つ目は確定拠出年金として運用するか給与の一部として受け取るかを選べる選択制です。

 

選択制の場合は、給与に上乗せすると税金や社会保険料が上がってしまうため、基本的には確定拠出年金での運用を選択するようにするのがオススメです。

企業型確定拠出年金は3種類ある!

種類通常型マッチング型選択制
内容企業が拠出金を出してくれて、自分は選ぶだけ。企業が出す拠出金に加え、自分の給与から拠出金を上乗せできる。拠出金として運用するか、給与の一部として受け取るかを選択できる。
メリット企業が出してくれるので、自分の税金や社会保険料に影響はない。自分が出した部分に関して税金が減る。税金を社会保険料の両方が下がる。

企業型に加入していると基本的に個人型には加入できない!?

企業型に入っている場合に注意すべきポイントは?

企業型に加入している場合は、基本的に個人型には加入できないと考えておきましょう。企業が資金を出してくれるタイプの場合、会社の規約を変更しなければ個人型に加入することはできません。会社にとって不都合なケースもあり、できないことが多くなるはずです。また、選択制の場合は個人型は不可です。

マッチング型の場合はわざわざ個人型に加入しなくても企業型で資金を運用した方が使い勝手がよくなるので必要はないです。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は恩恵が多いおトクな制度なの?

2017年1月から加入対象者が大幅に拡張された「確定拠出年金」は、上手に活用すれば大幅におトクになる制度です。企業年金制度を受けている人は、2016年までに個人型の確定拠出年金に入ることができなかったのですが、2017年からは年間144,000円を限度額として加入できるようになりました。

 

また、公務員や私学共済の場合でも個人的に加入することができるようになりました。併せて専業主婦など社会保険の扶養家族も加入可能で、こちらは年間276,000円が限度額です。もちろん、企業年金制度を受けていない会社員の方なども、従来と変わらず年間276,000円を上限として個人的に入ることが可能です。

 

そして現在注目されている確定拠出年金は個人型ですが、企業に勤めている方はまず企業型の確定拠出年金を確認するべきです。上記しましたが、企業型は大きくわけると3種類あります。一つ目は企業が掛け金を出してくれるもの。この場合運用商品を選ぶだけです。二つ目は、マッチング拠出制度を採用している場合。企業が出してくれるお金にプラスして自分の給与を加えることができます。

 

最後は「選択制」と呼ばれるものです。前払いの退職金として55,000円または27,500円を上限として給与の一部として受け取るか確定拠出年金の掛け金として拠出するか選ぶことができます。

 

給与として受け取ってしまうと税金がかかってしまうので、確定拠出年金の掛け金とした方がおトクになります。確定拠出年金の掛け金は基本的に全額所得控除になります。ただし、社会保険料には影響を与えるので覚えておきましょう。

 

また、選択制で掛け金にしている場合は、給与としての受取金額は減るので、給与の一部として受けとる場合に比べて、税金や社会保険料を抑えられます。企業型を受けている場合は、企業が企業型の上限を変える規約の改定を行っていないと個人型を活用できない点に注意しましょう。ただし、マッチング拠出制度を採用している場合はわざわざ個人型を利用しなくても自分の給与から持ち出せば良いのです。
 

また、選択制の場合は規約の内容にかかわらず個人型を利用することはできません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です