おトクに活用しよう!ふるさと納税で確定申告も不要に!?

今回は”ふるさと納税をお得に活用して確定申告を不要にする方法”について少し見ていきましょう。

ふるさと納税ワンストップ特例制度活用で確定申告が不要になる!?

ふるさと納税者には、その寄附した金額のうち2000円を超える分については、所得税と住民税から全額控除されるという税制上の優遇措置があります。

 

このふるさと納税のコストパフォーマンスはかなり良いもので、普段から節約を意識している方にはぴったりだと思います。普段節税を意識している方は分かるかもしれませんが、節税は税率が有利になるというもので、その支出自体が削れるというわけではないですよね。

 

この一方で、ふるさと納税であれば、2000円を超えた分が全額タダになるというのですから、圧倒的な節税効果です。2015年度までは原則、寄附控除を受ける場合は確定申告が必要でしたが、これ以降は「ふるさと納税ワンストップ特例制度」という制度を活用することによって、確定申告が必要なくなったのです。

 

この「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を活用するための条件として、寄附先の自治体数が5カ所までなどの多少の縛りはあるものの、各自治体に特例適用の申請書を提出するだけでこの恩恵を受けれるというのは実に素晴らしいことですよね。

 

これだけでも十分おトクですが、これに加えてさらにこのふるさと納税を活用するポイントがありますので少し見ていきましょう。

▶︎ふるさと納税で絶対にチェックすべきおすすめ返礼品10選とは!《2017年版》

スポンサーリンク

 

ふるさと納税とクレジットカードをうまく活用しよう!

実は、ふるさと納税とクレジットカードをうまく組み合わせれば、さらにおトクに活用できるのです。近年クレジットカードで決済できる自治体が結構増えてきているので、そのような自治体を選んで、ふるさと納税の支払いを買い物でポイントが付くクレジットカードで決済できるように設定します。

 

これは仮に2%のポイント還元があるクレジットカードを使って、ふるさと納税で10万円分の寄附を決済したとしたら、ピッタリ自己負担分の2000円の部分が相殺されるということです。

 

クレジットカードとふるさと納税を組み合わせることにより、このように自己負担ゼロにすることも可能なのです。

▶︎あなたは大丈夫!?確定申告をしなければならない4種類の人とは

ふるさと納税のポイント制度を活用しよう!

近年は、クレジットカードが活用できる自治体が増加していることに加えて、寄附金額に比例したポイントが付く自治体も増加してきているのです。

 

この付与されたポイントに応じて、オンラインショップ等などから自分で好きな特産品を選べるというシステムです。この細かいポイントの部分については、それぞれの自治体によって違いはありますが、もっともパフォーマンスが良くオススメしているのが、有効期限がない「恒久」のタイプのポイントが付与される自治体です。

 

これは、有効期限がないので、ひたすらポイントを貯め続けて、ある程度ポイントが貯まった段階でそのポイントに応じた豪華な特産品をもらうということもできてしまうわけです。

▶︎確定申告でコレはチェックすべき!勘定科目(経費の内訳)とは?

スポンサーリンク

 

家計の負担をふるさと納税で軽くしよう!

これについては、まず「家計簿をつけること」が鉄則になってきます。この家計簿で、毎年の必要な出費をきちんと把握して、年間にどの程度の量の米を食べているかなどの細かい部分を割り出すことです。

 

この家計簿で割り出した年間通して、必ず必要なモノの中から、ふるさと納税の特産品、返礼品で置き換えられるものはないかというのを探すのです。まさに数ある特産品の中からどれにしようかと選ぶのとは、真逆のやり方です。

▶︎お金が戻って来る!?”年末調整”と”源泉徴収”についてしっかりチェックしよう!

まとめ

このようにふるさと納税をおトクに活用できる方法はありますので、上記したことを覚えてぜひ活用してみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です