不動産投資で融資を受ける際にはどこの銀行に行けば良いの?

今回は不動産投資を行う際に必要な融資を引き出すためにはどこの銀行に行くのが良いのかということについて少し見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

不動産投資で融資を受ける際にはどこの銀行に行けば良いの?

銀行の種類とそれぞれのメリット・デメリット

不動産投資初心者の方の質問でよくある中の一つに「融資をどうやって受ければいいのかわからない」というものがあります。一般の方は、自宅を購入する際に住宅ローンを借りるくらいしか銀行からお金を借りるケースはないかもしれません。

 

では、まずは銀行の種類について整理しておきましょう。銀行は大きく分けて都市銀行と地方銀行、信用金庫、信用組合、ノンバンク、政府系の金融機関といった種類があります。都市銀行とは、三菱東京UFJ、三井住友、みずほ、りそななどです。これらの銀行は全国に支店があるので、全国の不動産を担保に出せるというメリットがあります。

 

例えば、東京の方が地方に物件を持ちたい場合などに対応可能です。また一般に都市銀行は、地方銀行や信用金庫よりも金利が低いのがメリットです。その反面、デメリットは個人にはやや敷居が高い点です。また、数百万円とか1000万円〜2000万円程度の小規模物件だと、あまり相手にされないでしょう。

 

ただ、都市銀行の中にも不動産に対する融資に対して温度差があり、中には収益還元に基づく担保評価(家賃などの収益を基準に評価額を計算)を導入するなど、個人の不動産投資に対する融資に積極的な銀行もあります。

 

地方銀行、信用金庫などは、都市銀行よりも敷居が低く、これから不動産投資を始めようとしている方にはピッタリです。デメリットとしては、取引きする相手や担保に取る不動産にエリアの制限がある点ですね。

 

例えば、神奈川県を地盤にしている銀行だと千葉県や埼玉県に住んでいる方、または千葉県や埼玉県の不動産を担保に融資することができないといったことなどです。また金利は都市銀行に比べて若干高めになることが多いようです。

 

地方銀行の中には、スルガ銀行や静岡銀行のように積極的に投資用不動産への融資を行うというところもあります。金利はさらに高めになりますが、審査のスピードが速く、利用しやすい方もおられると思います。

 

ノンバンクは審査のハードルが低いですが、金利が割高になるのが一般的です。政府系は日本政策金融公庫が不動産投資を事業とみなし、融資をしてくれるケースがあります。全国の不動産を担保として見てくれたり、固定金利で借りられたりするなど、取引きができるととてもメリットがあります。

会社員Aさん
銀行についての基礎知識を得た上で、自分にあったところを選択しよう!

スポンサーリンク

 

金融機関別、融資姿勢の違い

銀行の種類 メリット デメリット
都市銀行

・全国に支店があるので、全国の不動産を担保に出せる

・比較的金利が低い

・取引きに当たってのハードルが高い

地方銀行

信用金庫

・審査のハードルが都市銀行よりも低い

・取引き相手や担保に取る不動産にエリアの制限がある

・金利が都市銀行に比べてやや高め

ノンバンク ・審査のハードルが低い ・金利が高い
日本政策金融公庫

・全国の不動産を担保に出せる

・固定金利で出せる

 

▼オススメ書籍

世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生

新品価格
¥1,706から
(2016/11/24 14:48時点)

最速で億を稼ぐ! 不動産投資[成功の原理原則]

新品価格
¥1,620から
(2016/11/24 14:49時点)

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です