住宅の不動産投資より低リスク!?ユニークな不動産投資4選!

住宅の不動産投資より低リスク!?ユニークな不動産投資4選!

今回は、不動産投資の中でも住宅を購入して家賃収入を得るよりもはるかにリスクが低く、なおかつパフォーマンスが良いちょっと変わったユニークな不動産投資について4つご紹介したいと思います!

 

低リスクのユニークな不動産投資4選!

利回り20%安定!?メンテナンスがいらない「物置投資」とは?

最近になってコンテナ倉庫に投資をするというユニークな不動産投資が話題になっているのです。

 

ここでいう「コンテナ倉庫」とはそもそもほとんど使わないのだけど、保管しておく場所もないという方向けに貸し出している倉庫のことでこれは近年とても需要があります。

 

その形は様々でビルの空室を貸し倉庫にしてしまうなどがありますが、もっとも簡単かつ簡潔なのが、更地にコンテナを設置するというやり方です。

 

これについては、アパートやマンション等を経営するよりも継続でかかってくるコストを抑えられる点もあり、物置投資自体をやっている方があまりいないので、競争率が低く、更には置き場所に困ったモノを入れておく場所なので、長期で借り手がつきやすいという様々なメリットがあります。

 

アパートやマンション経営だとやはりリフォーム等の維持費に目がいってしまいますよね。

 

その点この物置投資では、コンテナ自体がとても頑丈なので、そのような維持費は一切かかりません。

 

これは、地主や業者が参入する分野かと思いきや、個人投資家でも全然参入できる分野なのです。

 

この物置投資の若干のデメリットとしては、管理を委託している運営会社等に土地を紹介してもらう手段を選んでしまうと、地主や企業等が独占してしまっている場合があり、なかなかすぐには決まりづらいという点があります。

 

そんな時のポイントとしては、自分で良さそうな更地を見つけて、運営会社に見てもらい、地主と交渉してコンテナを置くという作業で物件を増やしていくと割とスムーズに決まりやすいです。

 

そして、もう一つこの物置投資のデメリットは、融資が受けづらいので、ほとんどの場合自分の持っている資金内での投資となってしまうということです。

 

この反面、低リスクで安定的に収入を得たいという方には実に向いている不動産投資と言えるでしょう。

【オススメの記事※日本国債の金利の上昇は確実!?その対策とは?

 

スポンサーリンク

 

好立地なら個人経営で儲かる自動販売機!?

自動販売機は、ほんの少しのスペースさえあれば設置できます。

 

そして、業者に丸投げすれば初期投資は0で簡単に設置できてしまい、なおかつ場合によっては、数万円の謝礼金がもらえることもあります。

 

商品補充も料金回収もすべて業者がやってくれるのでほとんど手間いらずです。

 

電気代が月に5000円程度の負担で、売り上げに応じた報酬を受け取る仕組みになっていて、だいたい首都圏内でその利益の目安は1万円程度です。

 

これについては、自動販売機を自腹で購入して、個人経営するという手段もあり、自動販売機はだいたい中古で40万円くらいです。

 

商品はディスカウントストアで仕入れて、周辺の自動販売機より安く販売すれば手間はかかるのですが、10倍近くは儲かる場合もあるみたいですね。

【オススメの記事※円相場の予想は!?中長期的に見る今後の日本経済とは?

 

20万円で不動産投資!?低リスクの「レンタル会議室」とは?

不動産投資は、銀行からの融資を受けて10年以上かけて回収していくのが普通とされていますが、「レンタル会議室」であればマンションの一室を借りるだけになるので、初期投資は、敷金・礼金等と備品代のみで不動産投資が手軽にできてしまうのです。

 

集客に関しては、レンタル会議室専用の予約サイトがあるだけなので、場所を確保したら手間は毎朝軽く掃除をするくらいで、その程度にもよりますが、10万円程度の利益があがるみたいです。

 

平日はサラリーマンの会議や主婦のサークル等に使われ、休日はセミナーや勉強会などにつかわれることが多く、時々鍵の開け方などで問い合わせがあるみたいですが、ほとんど大きなトラブルにつながることはないみたいです。

 

さらには、マンションもオートロックで警備員さんが常駐しているところを借りればなお安心ですよね。

 

これに関しては、物件を増やすと清掃や戸締りに手間がかかりそれを外注するとその分コストがかかるので、利益が減ってしまうので、その場合難しいところではあると思います。

 

これを手広くやるかは別の話で、少額からスタートできて、駄目であれば部屋の賃貸契約を解除するだけで撤退できるという手軽さはかなりのメリットだと思います。

 

スポンサーリンク

 

場所選びと料金設定次第で儲かる!?コインパーキング経営

コインパーキングでの経営は大手が行っているイメージですが、個人経営でも十分に可能ですし現に全国のおよそ半数以上が中小企業や個人経営です。

 

お客様からしたら経営をしている会社などよりも、立地、停めやすさ、料金設定のほうが大事です。

 

土地は借地で、月極駐車場を借り上げても良いですね。

 

設置機器に関しては、中古もありますがリースから購入し、新品だと精算機100万円、ロック板20万円/台、車止め4000円/台、他に看板等が必要になります。

 

運用コストに関しては、地代、電気代、保守管理費(集金やメンテナンスの他緊急時の対応を頼める)がかかってきます。

 

本当に立地や料金設定等にもよりますが、年間で1000万円以上売りあげる方もいます。

 

コインパーキングは稼働率が30%であっても、月極駐車場の2倍の売り上げが見込めるみたいですね。

 

撤退時もほとんど更地なので、容易に原状回復ができます。

【オススメの記事※会社員の方必見!?2016年の税制改正で注意すべき点とは?

 

まとめ

いかがでしたか?以上が低リスクでできるユニークな不動産投資です。

 

予算がそこまでないし、リスクが怖いという方は是非このような手軽に始められるところからスタートしてみてはいかがですか?

【オススメの記事※必見!今話題のAirbnbのビジネスモデルとは!?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です