不動産投資を行う方必見!火災保険と地震保険には入っておいた方が良いの!?

今回は不動産投資を行う方必見の”火災保険と地震保険には入るべきなのかどうか”ということについて少し見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

不動産投資を行う方必見!火災保険と地震保険には入っておいた方が良いの!?

火災保険は絶対!地震が心配な場合は地震保険も入るべき!

不動産事業として賃貸経営をする以上は火災保険には絶対に入っておくべきだと思います。たまにマンションオーナーで「RC造は燃えないから大丈夫!」なんてことを言って入らない人がいますが、躯体は燃えなくても内装は燃えますし、燃えれば建物全体に大きなダメージを与えます。

 

また「入居者が保険に入っているから大丈夫」という人もいます。確かに火事やら何やらを起こすのは入居者ですし、大抵の賃貸経営者は入居者の火災保険加入を義務付けていますから、何かあってもそれでもカバーできるように思えるのかもしれません。ただ、入居者の入る保険はあくまでも入居者の家財と入居者の過失によって他人の家財を傷つけた場合の損害のカバーするものです。

 

入居者が火事を起こしてアパートが燃えた場合も保険金は出ますが、どこの誰かわからない放火によって燃えても入居者の保険は使用することはできません。入居者がお風呂を溢れさせて床や天井が傷めたら修理費は保険から出ますが、水道管から漏水して床や天井が傷んでも保険は出ません。

 

建物がしっかり稼働することで賃貸経営は成り立っています。逆に言えば、建物に何か損害があって住めなくなった場合には賃貸経営はたちまち崩壊します。「何かある」可能性はそう高くないかもしれませんが、一旦建物に損害が生じてしまったら、それを元に戻すには莫大な金額がかかります。保険にはまさに「転ばぬ先の杖」であり、リスクに備えるための重要な手立てなのです。

こんなときは保険金が払われない!(保険の対象外)

火災保険や地震保険の本格的な話に入る前に、ここで予備知識として保険金が支払われない場合について見ていきましょう。それはどの保険会社も基本的に同じです。

 

まず「わざと壊したら保険金は出ないよ」というのは当たり前の話ですよね。出ないどころか詐欺として訴えられる可能性すらあります。自然の消耗または劣化によって生じた損害も保険金は支払われません。ただ、例えば雨漏りが発生したので屋根をみたらかなり傷んでいたというケースは、それが老朽化によってなのか、風災のせいなのか微妙なところです。なので、「どうせ保険が出ないでしょ」と決めつけて、自腹でなおしてしまう前に代理店に相談することです。

 

また、給排水整備で生じた水漏れのうち、給排水整備自体に生じた損害には出ません。トイレが詰まって水が溢れ出してそのせいで傷んだ床や天井を保険で直すことはできますが、トイレの排給水自体を直すのに保険は出ません。ただ、入居者がトイレを詰まらせた場合は入居者の個人賠償保険や借家人賠償責任保険で直してもらう方法はあると思います。

 

ちなみに、保険会社によって解釈が違う事故としては「落書き」があります。かつては「落書きされたらペンキは”飛来”に当たるからでるけど、マジックだと出ない」ということがありましたが、今はどちらも対象外というところが増加しています。落書きは美観を損ねはするけれども機能上は問題がないということらしいです。

 

保険というのは細かな改定がたまにありますので注意しておきましょう。

スポンサーリンク

 

火災保険で補償される範囲は意外に広い!?

大家の入る保険は2通りで、火災保険と地震保険があります。地震保険は単独で入ることはできずに必ず火災保険とセットで入らなければなりません。まず前提として知っておかなければならないのが、大家さんの入る保険は建物だけに掛けるものだということです。賃貸物件の場合、そこにある家財は入居者の持ち物なのでそれに対しては入居者が自分で保険を掛けるわけです。

 

ではもともと部屋に備え付けられているエアコンはというと「建物」扱いになります。そのほか、換気扇、温水洗浄付き便座、照明器具、備え付けの下駄箱などの付帯設備の同様です。気になる火災保険料については、建物の構造には、M構造とT構造とH構造があり、M構造はコンクリート造の共同住宅でマンションのことです。

 

T構造は主にコンクリート造や鉄骨造の耐火構造。H構造は主に木造の非耐火構造です。東京で保険金額1億円を掛けた時に、M構造なら年間で5万円、T構造は年間8万円、H構造は17万円くらいというイメージです。要は燃えづらいものは掛け金が安くなり、燃えやすいものは必然的に高くなるということです。

 

なお、「火災保険」と総称していますが、カバーするのは火災だけではありません。落雷、風災、雹災、雪災、水災、盗難、水漏れ、外からの物体の衝突、これら以外の偶然な事故など、特約でカバーできる範囲はかなり広範囲です。もっともこれら全てをカバーするかどうかで掛け金の値段も変わってきます。

 

見落としてはいけないのは、地震、噴火、津波によって生じた損害です。これらが原因で火事になってり、建物が壊れたり、津波で家が流されても、火災保険では支払われません。自分の家が気をつけていても、地震が原因で隣が火事になって燃え移ったとしたら、地震保険をつけていないと保険金はでません。(通常の火事での延焼ならば火災保険の対象です。)それが心配なときに地震保険が必要になります。

  • 火災保険で定められた建物の「構造級別」
保険料 構造区分 該当する建物の種類
安い M構造(耐火性:高い) コンクリート造の共同住宅など
T構造
  • コンクリート造の戸建て(耐火建築物)など
  • 鉄骨造の戸建て(準耐火建築物)
  • 省令準耐火構造に該当する「ツーバイフォー」など
高い H構造(耐火性:低い) 木造の共同住宅・戸建て

火災保険が使えるのは「火災」だけではない!

保険について一番知っておかなければならないのは、保険というのは請求しなければ支払われないということです。請求するためには請求できる内容なのかどうかということを知らないといけませんよね。

 

実は火災保険というと火災だけと思っている方がすごく多いのです。専門業者さんに聞いても「知らずに保険を使わずなおしてしまう人がかなりいる」そうです。

 

例えば夏に、近所に雷が落ちてインターホンが壊れたりしたとします(雷の電流は地面に放電されて家の中に侵入し、一時的に高圧状態となることも。)これは建物の火災保険の範囲内です。自転車置き場や門、塀も建物になります。雪で自転車置き場の屋根が押しつぶされてしまったりしても雪災で保険金が出ます。門や塀(建物の付属物)に、車で当て逃げされても補償の範囲です。

会社員Aさん
え!そんなのも保険が使えるんだ!

スポンサーリンク

 

まとめ

繰り返しになりますが、保険というのは請求しなければ出ません。何かあったら代理店に聞くことです。そのためには、もしもの時に相談しやすいように、信頼の置ける代理店で加入することが大切です。加入者の側に立って、請求する際のサポートをしてくれる知識の豊富な代理店を探しましょう。

会社員Aさん
火災保険は絶対に入っておくべきだね!補償の範囲は意外と広範囲なんだね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です