初心者にわかりやすく解説!コインチェック(coincheck)の主な6つの使い方とは

今回はコインチェック(coincheck)の主な6つの使い方について詳しく解説していこうと思います。仮想通貨の初心者の方はもちろんのこと、コインチェックを始めたばかりでよくわからないという人はぜひチェックしておいてください。
 
 
 
仮想通貨の初心者の方のために基礎から説明すると、まずビットコインを始めとする仮想通貨を入手する方法というのは、いくつかあるのですが、1番簡単かつ手っ取り早いのは、コインチェック(coincheck)などの仮想通貨を取り扱っている取引所のアプリを入手してそこから購入するという方法です。
 
 
 
コインチェックを始めとする仮想通貨取引所のアプリのインターフェースは移り変わりが激しいので、ここでは大まかなコインチェックの6つの使い方を説明します。下記した項目を参考にしながらコインチェックを使って頂くと初心者の方でも簡単に理解して頂けると思います。
 
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
 
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

コインチェック(coincheck)は、顔写真入り身分証明書とその証明書と一緒に写った本人の写真が必要!

コインチェックの大まかな使い方をご説明する前に初心者の方向け《登録の流れ》をご説明しておきますね。
 
 
 
まず、これはコインチェックだけに限らないことなのですが、仮想通貨を取引所で購入するためにはマネーロンダリング防止などのため顔写真付きの身分証明書の提出が必須です。
 
 
 
初めてコインチェックのHPにアクセスするとまずメールアドレスの登録を求められます。スマホの方はiPhoneのAPP StoreやGoogle playなどでコインチェックのアプリをダウンロードすることができますので、ぜひしておいてください。
 
 
 
メールアドレスを登録すると自動返信メールが来ますので、そちらをクリックして本人確認画面にアクセスします。
 
 
 
フェイスブックのアカウントをお持ちの方はフェイスブックのアカウントからでもログイン可能ですが、実際に仮想通貨の取引をするには本人確認書類の提出が必要です。
 
 
本人確認画面では、住所・氏名・生年月日などの必要事項を入力の上、運転免許証(免許の場合、住所変更の有無を確認するために裏面も)やパスポートなどの顔写真付きの身分証明書の画像と提出された身分証明書と本人が一緒に写っている写真を画面上の指示に従ってアップロードします。スマホの場合はもちろんその場で自撮りをした画像を送ることができます。
 
 
 
登録後、しばらくしますと《本人確認終了》のメールがコインチェックから届きます。さらに数日後、住所確認のため書類が簡易書留で登録先の住所に送られてきます。それを受け取り、登録先の住所に間違いがないことが確認できたら登録完了となります。
 
 
 
これでビットコインを始めとする仮想通貨の取引をはじめることができます。
 
 
 
コインチェック仮想通貨の取引を今すぐはじめたいという方は、下記の動画の手順通りに《簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck》から取引を開始しましょう。
 
 

コインチェックの主な使い方は6つ!

コインチェックにログインしますと、《ウォレット画面》が表示されます。ウォレットとは仮想通貨を入れておくあなた専用の銀行口座のようなものです。
 
 
いくつかのメニューが並んでいるのですが、これらは大きく6つの使い方に分けることができます。
 
 
《1.入金する》と《2.出金する》、《3.コインを買う》と《4.コインを売る》、《5.コインを送る》と《6.コインを受け取る》をセットで考えると初心者の方もわかりやすいはずです。
 
 
では、ここからはそれぞれを順番に見ていきましょう。
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

1.入金する

現金の出し入れに関するメニューです。先に円やドルなどの現金をコインチェックの指定口座に預けておき、その金額の範囲内で仮想通貨を購入することができます。預けたお金を証拠金としてレバレッジをかけて取引することも可能
 
 
 
入金の仕方は1.銀行振込をする、2.コンビニから入金をする、3.提携金融機関から最大1億円までクイック入金する(24時間、365日対応可能)の3種類です。それぞれ画面の指示に従って入金してください。

2.出金する

現金の出し入れに関するメニューです。ビットコインを始めとする仮想通貨を売った代金を受け取りたい場合には、あなたの銀行口座を登録します。
 
 
 
取引所に預けている円やドルのうち、現金で欲しい金額だけ入力すればその金額があなたの銀行口座に振り込まれます。

3.コインを買う

仮想通貨の売買に関するメニューです。円やドルを支払って仮想通貨を受け取ることを《仮想通貨を買う》といい、仮想通貨を支払って円やドルを受け取ることを仮想通貨を売る》といいます。
 
 
 
《コインを買う》で買いたい仮想通貨の額を入力すると自動的に必要な日本円の金額が表示されます。例えば、1BTC=10万円の時に、0.1BTCと入力すれば10000円、0.01BTCと入力すれば1000円と表示されますのでその金額でよければ《購入する》をクリックします。
 
 
これで仮想通貨の購入が完了します。
 
 
ウォレットで残高を確認すると、あなたが買った仮想通貨が日本円と置き換わっていることがわかります。
 
 
 
また、《コインを買う》のオプションとして、クレジットカードで買うという方法もあります。現金を入金してから仮想通貨を買うのではなく、クレジットカードで直接買うというわけです。

4.コインを売る

仮想通貨の売買に関するメニューです。あなたが購入した仮想通貨はあなたのパソコンやスマホにダウンロードされるのではなく、コインチェックのサーバー上に置いてあります。
 
 
将来の値上げに備えてとっておいても良いですし、売りたくなったら売ってもらっても構いません。
 
 
 
《コインを売る》画面で、売りたい仮想通貨の額を入力すると、売却代金の日本円が表示されますので、その金額でよければ売却する》をクリックします。これで仮想通貨の売却が完了します。
 
 
 
ウォレットで残高を確認するとあなたが売った仮想通貨が日本円に置き変わっていることがわかります。売却代金はプールしておいても良いですし、現金化したければ、2.の《出金する》メニューを選択してください。
 

5.コインを送る

仮想通貨の送金と支払いに関するメニューです。自分の持っている仮想通貨を誰かに送ったり、お店で支払ったりするときはこの《コインを送る》メニューを選択します。
 
 
 
つまり、送金も支払いも操作としては同じで、例えばAさん0.1BTCを送る際は、Aさんから送り先のアドレスを教えてもらって、そのアドレス宛に0.1BTCを送るだけです。
 
 
 
仮想通貨を送るには、相手が指定したビットコインアドレス宛に送る方法と単純に相手のメールアドレスに送る方法と2種類あります。
 
 
 
ビットコインアドレスとは、《LGAjgmatPJGAgKMjaptwmjgaJDAT》のような27〜34ケタのランダムな文字列です。
 
 
 
ビットコイン専用のメールアドレスと考えるとわかりやすいかもしれませんね。普通のメールアドレスと違うのは毎回別々のアドレスが発行されるところです。
 
 
 
ビットコインアドレスはQRコードで読み込むことができます。お店やオンラインショップで支払う時もお店が発行するQRコードを読み込めば、いちいちビットコインアドレスを入力しなくても良いので便利です

6.コインを受け取る

自分から仮想通貨を送るだけではなくて、誰かが送ってくれた仮想通貨を受け取ることも当然できます。何かを売った代金としてビットコインを受け取ったり、銀行振込などの代わりにビットコインを受け取ったりするシーンが考えられます。
 
 
《コインを受け取る》のメニューを開くと、入金用のビットコインアドレスが表示されますので、それを送ってくれる相手に知らせます。
 
 
QRコードも自動で取得できるので、それを相手に教えれば入力する手間が省けます。ビットコインを送ったり、受け取ったらしたら必ずウォレットの残高を確認しましょう。
 

まとめ

コインチェックの主な6つの使い方については以上です。仮想通貨と聞くとかなり難しく考えてしまうかもしれませんが、仕組みはいたってシンプルです。
 
仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 

普通に仮想通貨の取引を今から始めたいという方も、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

 

世界トップクラス仮想通貨取引所バイナンス

・取り扱いの仮想通貨が豊富
・取引手数料0.1%という圧倒的安さ
・さらにBNBトークンを使うと業界最安値の取引料0.05%
・世界でトップクラスの仮想通貨取引所
  ・24時間以内の取引量が2BTC以内であれば本人確認不要
・セキュリティがしっかりしており資産保全に最適
・日本語に対応しているためとても使いやすい



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です