上手く活用して賢く節約しよう!保険料控除には3種類ある!?

今回は”3種類の保険料控除”について少し見ていきましょう。これらを上手く活用すれば大きな節約効果が見込めます。

 

スポンサーリンク

 

上手く活用して賢く節約しよう!保険料控除には3種類ある!?

生命保険に加入するということは国を当てにしないで「自ら保険料を払って自助努力をしている」ということになります。実は国からそんな方々には税金を安くしますよというご褒美が用意されているのです。

 

生命保険料控除は、保険料の一部を所得から控除するという制度です。控除された分の所得が小さくなるため、その結果、税金の負担が軽くなるという仕組みになっています。対象となる生命保険は大きく分けて3種類です。

  1. 一般の生命保険(終身保険・定期保険等)
  2. 療医・介護保険(医療・がん・介護保険など)
  3. 個人年金保険(支払期間など一定の要件あり)

加入した時期によって控除額が異なりますが、平成24年以降の契約の場合、それぞれ最大4万円の控除を受けることが可能です。住民税では1つの項目につき2万8000円となっています。

 

また会社員や公務員の場合、勤務先に生命保険の控除証明を提示するだけです。年末調整では手軽に対応可能です。生命保険料の支払い義務は契約者にあります。生命保険料控除は契約者の所得からのみ控除できると思いがちですが、実は例外もあるのです。

 

仮に契約者が妻であったとしましょう。本来なら妻が保険料を支払いますが、夫の口座から引き落としを行っていることも珍しくありません。このように契約者が妻となっているケースであっても、夫が支払ったことが明らかである場合は、夫の生命保険料控除の対象となります。保険は夫婦揃って管理をしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です