知ってトクする!保険で備えるリスクってなに?

知ってトクする!保険で備えるリスクってなに?

前回記事の保険の正しい選び方に引き続き今回は保険で備えるリスクについてみていきましょう。見ていない方はぜひチェックしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

保険で備えるリスクについて

保険に加入する?加入しない?

「保険には加入しない」という選択肢ももちろんあります。そもそも保険の基本定義として貯蓄では足りない「不測の事態」に備えるために加入するものというのがあります。

 

例えば、終身保険を思い浮かべてください。この保険は一生涯の保障があり、貯蓄性の高い保険だと言われています。必ず保険金を受け取ることができますから、葬式費用の準備や、途中で解約を行うことで老後の資金として活用できるというキャッチフレーズで販売されています。

 

しかし「歳を取ってからの死亡は、不測の事態ではないので保険には加入しない」というのが正しい保険の入り方なのです。

 

不測の事態とはどんなとき?

知ってトクする!保険で備えるリスクってなに?

保険会社は保険を売ることが商売ですから、死亡やがんにかかるなど、当たり前のことを不測の事態のように取り扱う傾向にあります。そもそも人がいつか死亡するというのは絶対ですし、2人に1人はがんにかかります。

 

がんにかかる前や診断される前に死亡してしまうケースまで含めるとかなりの人が、がんにかかるといっても過言ではありません。「死においての不測の事態」とは早すぎる死亡のことを指します。しかし、私たちは負担した保険料を回収できそうな保険を好む傾向があります。

 

必ず保険金を貰える終身保険の方がお得な気分になったり、老後は入院する可能性が高そうだから「医療保険やがん保険には、ぜひ加入しておきたい」と思ってしまいがちです。

 

そもそもお得な保険は存在しませんし、歳をとって死亡することも入院をすることも不測の事態ではありません。こういったことには「保険には頼らない」と覚悟を決めてください。

 

スポンサーリンク

 

貯蓄でカバーできない部分を保険で対処

知ってトクする!保険で備えるリスクってなに?

保険に入るときは「必要最小限にする」という感覚を身につけましょう。貯蓄で対処できないことをカバーするのが保険の得意分野です。貯蓄では対処できない大きな金額、例えば子育て世代の世帯主の死亡が代表的です。子供1人につき教育費や生活費が2000万円程度かかります。こういったリスクに備えることこそ保険が得意な分野なのです。

  • 小さなリスク

不測の事態ではない入院➡︎保険に入らない

×医療保険 ◯貯蓄

  • 大きなリスク

不測の事態 世帯主の死亡➡︎保険に入る

×終身保険 ◯定期保険

 

まとめ

不安なことを全部保険で解決しようという感覚では、いつまでたってもお金が貯まりません。まずは健康に気をつける、そして保険を上手に利用することで貯蓄も増えていきます。

 

保険を利用するのか、しないのかを見極める力をつけていきましょう。

 

Next..

あなたにオススメの記事

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です