保険の見直しを考えるタイミングは人生で最低3回!?

今回は”保険の見直しを考えるタイミングは人生で3回ありますよ”って話をしますね。

 

スポンサーリンク

 

保険の見直しを考えるタイミングは人生で最低3回!?

保険の加入中最も良くないことは入りっぱなしにすることです。家族の構成やライフプランの変化に応じて必要保障額も変わってくるものです。それほど予定利率が高い保険ではない場合は、思い切って入りなおしてしまうと良いでしょう。

 

保険の見直しを行うことで実はかなり保険料の節約になります。たとえ、予定利率の高い時期に定期保険特約付終身保険に加入したのであっても、貯蓄性のある終身部分だけ残して他は解約するなど様々な方法が考えられます。

 

さらに多くの医療特約の保障期間は、保険料の払い込みが終了するまでしかありません。通常、80歳までや終身保障に延長できるケースもありますが追加で保険料が100万円単位で乗っかってきます。それなら今のうちに特約を解約して、終身医療保険に変更してしまった方がトータルでの医療保険料を節約できそうですね。

 

また、定期保険は収入保障保険に変更することによってさらにスリム化することが可能です。

 

  • 1回目:子供が生まれた時

守るべき家族が増えるため責任も高まります。もう一度夫婦で話し合い、残された家族が困らないだけの死亡保障を増額しましょう。妻が専業主婦の場合でも、妻が死亡することでかかる育児費用(ベビーシッター、預かり保育所、家政婦代等)が発生するため、子どもが小さな間だけでも多少の死亡保障はあった方がいいでしょう。

教育費の準備もしなければいけません。定期預金や他の金融商品などで対応するのもいいですが、もし学資保険で備える場合は、できるだけ早くから加入することをお勧めします。時期が早い方が保険料が安くなります。

出典 http://hokensc.jp/soudan-repo/minaoshijiki.html

  • 2回目:住宅を購入した時

住宅ローンを借りるとき、一般的には団体信用生命保険(団信)に加入し、万一の際は死亡保険金と住宅ローンが相殺される契約を結びます。団信を利用しない場合でも、住宅ローンで家族が押しつぶされないよう、十分な金額を上乗せする必要があります。

出典 http://hokensc.jp/soudan-repo/minaoshijiki.html

  • 3回目:子供が独立した時

子どもが経済的に自立した後は、夫婦2人に必要な保障だけでよくなります。貯蓄を兼ねて加入している終身保険は置いておき、その他の保険は全面的に見直してみましょう。特に医療保障は若く健康なうち(他社で入れなくなる前)に見直しておくことをお勧めします。

40~50代は老後の生活費も考えなければいけない時期です。自分の年金額を調べ、足りないと思ったら個人年金保険など民間の保険を利用するのも有効です。

出典 http://hokensc.jp/soudan-repo/minaoshijiki.html

 

この3回というのは必要最低限人生で保険を見直す回数です。もう少し頻度が多くても構いません。予定利率の低い現在は新しい保険へ入りなおしたとしてもまず損をすることはありません。将来はより良い保険が発売されるかもしれませんし、保険料が安くなっていることが多いものです。少なくとも「3回入り直す」という意識を持ちましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です