保険を適切に見直してコストダウン!その必要性とは?

今回は保険の適切な見直し”を考えるとともにその必要性について少し見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

保険を適切に見直してコストダウン!その必要性とは?

保険をすっきり見直そう!

保険の見直しに関しては「子供が生まれた」「住宅を購入した」「子供が就職をした」など様々な理由があり、そのほとんどが家庭の状況の変化やライフプランが変化した場合に行うものです。

 

まあでも中には「テレビCMでよさそうな保険を見かけた」というキッカケもあるでしょう。とはいえ、家計の状況の変化には給料が下がったという事例もあり得ます。もしもの事態に備えて保険料を安くしたいと考えるのも当然のことです。

 

いずれにしろ、昨今では保険商品は日々変化をしていますし、価格競争も激化してきました。適切に保険を見直すことで、保険料が大幅に下がる可能性が大きいわけです。ただし、目先の安さに惑わされてはいけません。保険料は安いけど保障も低いということが十分に考えられるからです。

 

特に保険は姿の見えにくい実態の掴めない商品です。いくら下調べをしてもしすぎるなんてことはありません。

 

まず、保険料を安くする方法は2つあります。1つ目は”現在の保険を活かす方法”です。通常、保険に加入した当時よりも時間を経ている分、必要保障額は少なくなっているはずです。減額を行うことで保険料を安くすることが可能です。

 

もう1つの方法は”新しい保険に加入し直すこと”です。以前は誰であっても保険料は一律でした。しかし、現在ならタバコを吸わず、健康の基準を満たす場合は加入し直すだけで保険料が下がる可能性があります。

 

会社員や公務員であれば、勤務先の保険を検討することも有効な方法です。あなたにあった保険見直しの方法を選択してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

  • 保険の見直しを考える3つの理由

  1. 家庭の状況が変化した
  2. 保険料を安くしたい
  3. より良い商品が出た

 

  • 保険料を安くする方法

平成22年、30歳の時に定期保険に加入

3,000万円 60歳まで 月払い保険料7,500円

タバコを吸わず血圧が一定範囲内か

Yes▶︎

入り直し:平成27年35歳のときに見直しをしました。

非喫煙優良型3,000万円 60歳まで 月払い保険料5,520円

No▶︎

同じ条件で:標準体型で入ると11,970円

⬇︎No(安いほうで選択)

同一保険料を採用している保険を検討or減額を検討(2,500万円に減額・月払い保険料6,400円)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です