「どうしても保険に加入したい」という方が知っておくべきこととは

今回は”どうしても保険に加入したい”という方が知っておくべきことを具体的に例を用いて少し見ていきましょう。

EX. Iさん:会社員40歳/妻と子供1人

加入中の保険/定期保険特約付終身保険/月額保険料18,000円

スポンサーリンク

 

”どうしても保険に加入したい”という方へ

現在の保険がおトク!

Iさんは体が強い方ではありません。数年に1度は「入退院を繰り返す」という生活を送っています。幸い若い頃に加入した保険があるので、全く保険がないというわけではないのですが、保険に加入できないと言われるとどうしても加入したくなるのが人情ですよね。

 

というのも、Iさんの保険は入院5日間から入院給付金が支払われるタイプだからです。現在の主流である入院1日目から支払われるタイプの保険をあれこれ検討している最中です。「保険に加入したい」という心理を裏側からみると保険料を払っても「元が取れそうだ」という駆け引きが働くからです。

 

ところが意外と重い保険料の負担に気がつきません。特に医療保険は終身払いにすると、ひと月当たりの保険料は安く感じますが一生払い続けるとなると大きな金額になるのをご存知でしょうか?

 

Iさんは40歳です。加入中の保険は25歳の時に加入した大手国内保険会社の定期保険特約付終身保険です。医療特約は5日目からの支払いではありますが、1回当たりの入院は120日まで。現在の引受基準緩和型の場合、60日型がほとんどですので長期入院にも対応可能です。

 

しかし、Iさんの最も大きな不安は”終身保障ではない”ということです。引受基準緩和型の保険は、普通の医療保険と比較して2倍程度高額なのです。どうしても加入したいのなら話は別ですが、トータルで200万円くらい払うことになりそうなのでここは貯蓄で備えた方が得策だと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

✔︎見直しのポイント

入院5日目から支払われる医療保険で、長期入院は120日まで。たとえ1日からの保障があっても引受基準緩和型に入り直した場合の保険料はより大きいものになります。なので、このケースの場合は現状維持が得策です。

保険会社名 医療保険 引受基準緩和型医療保険
アフラック

ちゃんと応える医療保険EVER 2,005円

もっとやさしいEVER 3,600円 通院なし
オリックス生命 新キュア 2,187円 七大疾病120日 キュアサポート4,110円 先進医療付
メディケア生命 メディフィットA(エース) 2,330円

メディフィットRe(リリーフ) 4,185円

AIG富士生命 ゴールドメディ 2,880円 ゴールドメディ・ワイド 5,690円

 

40年払い続けた場合の保険料の総額は‥

▶︎月額2005円×12ヶ月×40年

962,400円

▶︎月額3600円×12ヶ月×40年

1,728,000円

通常の医療保険と

▶︎引受基準緩和型の差額は765,600円です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です