あなたに必要な3つの保険の考え方とは?知らないだけで損しているかも

あなたに必要な3つの保険の考え方とは?知らないだけで損しているかも

あなたに必要な保険の考え方とはなんでしょうか?

 

保険に加入する上で考えなければいけないことは色々とあると思いますが、今回はそんな中でもぜひ知っておいて欲しい「3つの保険の考え方」についてお話し致します。

 

スポンサーリンク

 

あなたが知っておくべき3つの保険の考え方とは

⒈保険にどんなリスクがあるのか

ごく普通に生活をしていても降りかかってくる”大きなダメージ”があります。そのダメージを最小限にしてリスクを回避することが保険に加入することのそもそもの目的です。家計に大きなダメージを及ぼす原因にはどんなことが考えられるでしょうか?

 

死亡、病気、怪我、介護、失業、火事や自然災害、事故などたくさんのことが思い浮かぶと思います。被害者になってしまうこともあれば反対に加害者になってしまうこともあり得ます。

 

これらのリスクについて大きく2つに分けてみましょう。

  1. 対人関係リスク
  2. 対物及び賠償責任に関するリスク

保険には生命保険と損害保険の2種類があり、それぞれの目的に合わせて加入します。人の命や病気などに関わる分野は生命保険の受け持ちです。そして、交通事故、火事や自然災害、他の人への賠償責任に備えるには損害保険に加入することになります。

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/hoken-risk/

 

⒉公的制度の不足分を保険で補う

あなたに必要な3つの保険の考え方とは?知らないだけで損しているかも

不足の事態が起こったからといってすべて保険で補えるというワケではありません。必要な保険を考える前にまずは公的保険制度を確認することから始めるべきです。死亡や入院といったリスクには遺族年金や健康保険からの給付があるはずなのです。

 

公的制度からどのくらい受け取れるのか、遺族が暮らしていくために不足するのであれば、その不足分を補うように上手に保険を活用しましょう。保険に入るなら「必要保障制度で加入するべき」というのはこういう意味です。

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/syakai-hoken-syurui/

 

スポンサーリンク

 

⒊ダメージを回避できるのかどうか

あなたに必要な3つの保険の考え方とは?知らないだけで損しているかも

一方で家が自然災害や火災などに巻き込まれてしまったり、交通事故を起こして相手を死傷させてしまうこともあるしょう。こういった事故は損害額や賠償額が大きくなりがちですが、滅多に起こることではありません。かといって、国や自治体からの援助は期待できないので全ては自己責任なのです。

 

賠償額が一億円を超えることも珍しくなく家計に大きなダメージどころか、自己破産に追い込まれてしまう方もいらっしゃるようです。保険を選ぶポイントとしては、保険料が安ければ良いというワケではなく、受けたダメージをきちんと回避できるかの一言に尽きるのです。

Next..

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/hoken-hitsuyou-hosyougaku/

 

あなたにオススメの記事

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/hoken-inhure/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/hoken-erabikata/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/hoken-erabi-3-point/

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です