保険の「掛け捨て型」と「貯蓄型」はどちらがおトクなの?

そもそも保険は貯蓄ではないのですが、保険の中には「貯蓄型」と分類される商品もあります。今回は「掛け捨て型保険」「貯蓄型保険」の違いとどちらがおトクなのかということについて少しみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

「掛け捨て型」と「貯蓄型」おトクなのはどっち?

貯蓄型保険にも掛け捨ての部分は存在する!

「掛け捨て型保険」というと損をするというイメージが強いのか、一般的に貯蓄型の保険が好まれる傾向にあります。もちろん掛け捨て型の保険は何もなかった場合1円も保険金は戻ってきません。一方で、貯蓄型の保険はリスクに備えつつ保険料を運用してもらうことで利息までつけて返ってくるわけですのでおトクな気分になるというのも納得できます。

 

保険会社は数多くの貯蓄型保険の商品を販売しています。終身保険や養老保険、さらに学資保険などが代表格として挙げられるでしょう。ところが保険の内容をよく見てください。貯蓄型保険だからといって保険料の全てが積み立てられているわけではありません。保険料は積み立て部分と掛け捨て部分に分かれているのです。

 

保険会社もひとつの一般企業ですので会社を維持運営するための経費や利益も当然保険料に上乗せしています。保険料は、付加保険料と純保険料に分けることができます。このうちの付加保険料が会社の維持費や利益に当たります。一方で、純保険料というのは死亡保険金や満期保険金を支払うための保険料となります。

 

スポンサーリンク

 

貯蓄型の保険をオススメしない理由とは?

保険の「掛捨て型」と「貯蓄型」はどちらがおトクなの?

このように考えると貯蓄型の保険といっても必ずしも有利な貯蓄ではないということがわかります。保険会社は掛捨て部分の保険料だけで保険という制度が運営できるシステムを作っておけば良いのです。貯蓄部分はおまけに当たり、掛け捨て保険+積立が貯蓄型の保険です。

 

また、保険会社は預かった保険料をただ寝かせているだけではありません。貸付けをおこなったり株や債券を購入することで運用をしているのです。その運用利益の分単純に積み立てるよりも多く保険金をもらえるというケースもあります。ところが、保険料の方が高額という商品もあるのです。

 

そもそも貯蓄型保険はどこまでが貯蓄、どこまでが保障なのかという実態がかなり不明瞭なのでこのように考えると保険は掛け捨てをメインにして貯蓄は自分で行うというのが良いということに気が付くと思います。さらに今の低金利がずっと続く金融商品は避けた方が良いです。

 

とはいえ、貯蓄が苦手だったり資産運用も含めて保険に面倒を見てもらいたい方もいるかもしれません。保険会社で資産運用を行うというのもひとつの方法です。貯蓄型保険の全てが悪いというわけではありませんが、要はその違いに気がついて適切な方法をチョイスできるのかというのが重要なのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です