生命保険選びで後悔しないために押さえておくべき3つのポイントとは

日常生活において基本的に、私たちの入ってくるお金と出て行くお金のバランスは均衡が取れています。1ヶ月の収入に合わせて生活や貯蓄を行うことが前提ですが、住宅の購入は別としても借金をして生活をしていくというのは間違いですよね。

 

収入と支出のバランスが取れていないと、どこかでつじつまが合わなくなります。ところが世帯主の死亡という事態となると収入が減るためにこのバランスが崩れてしまいます。そこを補うのが生命保険です。

 

そして今回は生命保険を選ぶ上で後悔しないために押さえておくべき3つのポイントについて見ていきましょう。

 

生命保険を選ぶ上で後悔しないために知っておくべき3つのポイントとは

生命保険選びで後悔しないために押さえておくべき3つのポイントとは

生命保険を選ぶ上では3つのポイントが重要になってきます。それは「どんなとき」「いくら」「いつまで」お金が必要なのかを考えることからはじめるということです。

 

⒈「どんなとき」

どんな状況に陥ったときに自分や家族が困るのかを考えるということが生命保険選びで必要なことです。「どんなとき」とは、世帯主の死亡をはじめ、病気や怪我、老後の資金、介護などの不安に分けることができます。

 

⒉「いくら」

家族のために必要となるお金の合計金額から、入ってくるお金の合計を引いて計算します。一般に「必要保障額」と呼びます。さらに病気や怪我をした場合、どの程度の保障や蓄えがあれば良いのかや、老後の資金についても考えてみましょう。

 

⒊「いつまで」

一定期間の保障が必要なのか、一生涯なのかを検討してください。保険を掛ける期間によって保険料は大きく異なります。

 

この3つのポイントを大まかに踏まえた上で詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

⒈生命保険は「どんなとき」に誰のために必要か

生命保険選びで後悔しないために押さえておくべき3つのポイントとは

人生における不安の中で、最も影響が大きいのは「世帯主の死亡」です。遺された家族が世帯主の支えや給料なしに生活するのは大変困難です。また、大きな病気や怪我をして働くことが難しくなるかもしれません。

 

その「どんなとき」を解消する手立てを見つけていきましょう。もちろん、保険に加入すれば全ての不安が解消されるというわけではないですが、その不安を軽減することができるのが保険の役割です。

 

最初は誰のために保険へ加入するのかを考えることから全てが始まります。自分自身のためなのか、それともご家族のためなのか。もちろん明確な区別をするということはできませんが、死亡したときに受け取るのか(家族のため)生きているときに受け取るのか(自分のため)区別をしてみてください。

 

自分自身のためであれば、病気や怪我なのか、働けなくなったときなのか、それとも老後の不安なのかによって、加入する保険は異なります。なによりも大切なのは不安を解消する方法を保険だけに頼らないということです。

 

病気や怪我のためというのであれば、貯蓄で対処できる場合も多いものです。健康保険や勤め先の福利厚生についてよく調べておきましょう。

 

老後資金の緊急性は低いものです。まずは貯金ですが保険で貯めるということであれば、生命保険料控除を活用すると税金が安くなるというメリットがあります。また、「病気や怪我で働けないが、入院はしない」という可能性だってあります。こんな場合は所得補償保険や就業不能保険で備えることができます。

 

そして、この「どんなとき」というのは一生続きません。

 

「誰のために」でわかる保険の種類とは

上記の記述から「誰のために保険を加入するべきか」というのはわかりましたか?ご家族のためであれば、残される遺族の方々の生活費や教育費などに備えるために死亡保障を準備してください。さらに一定期間の保障なのか、それとも一生涯の保障を選択するのかということも重要になってきます。

 

実は死亡保障は期間を決めて加入するということが鉄則です。たくさんの方が加入している終身保険でご家族の生活費を準備するためには多少困難な部分もあります。なぜなら、保険料が高額なので必要保障額を確保できないためです。

 

終身保険を選択する理由として高い貯蓄性をメリットとして挙げる方もいますが、貯蓄と保障はまったくの別物です。きちんと分けて考えるべきなのです。そして、難しいのが医療保障の確保です。保険に頼るべきなのか、頼らざるべきかを悩むという方も少なくないでしょう。

 

理想的なのは、医療保険には頼らずに貯蓄に励むということです。特に会社員や公務員であれば傷病手当金の存在が医療費の負担を軽くしてくれます。

 

とはいえ、子育て世代は医療保険に加入している方が圧倒的に多いみたいです。保障額と保険料の負担などをよく考えてチョイスしてください。最終的には自分の老後資金について「どの方法で積み立てるか」を検討します。老後まで何十年もある若者であれば、固定金利の個人年金保険はオススメしません。定年退職まであと10年などそろそろ老後が近いという方であれば、個人年金保険を利用するというのもアリかもしれませんが‥

 

とはいえ、定期預金や投資信託で積み立てを行うなど様々な金融商品に分散した貯蓄を心がけてください。

 

⒉生命保険は「いくら」必要か

生命保険選びで後悔しないために押さえておくべき3つのポイントとは

次に具体的に「いくら必要か」です。これは生活費や教育費など出て行くお金の中から、遺族年金や死亡保障などの入ってくるお金を差し引いて求めます。大きな死亡保障は「子供が独立するまで」を考えますが、配偶者が病弱で働けないなどご家庭によって様々な事情があると思います。

 

さらに、必要保障額をきっちり計算して保険に加入するといってもこれでは生活がギリギリ‥なんていう方も少なくはないと思います。

 

特に死亡保障の場合だと少し余裕を持って加入するべきだと私は考えています。そう、年間50万円くらいは余裕をみておきたいものですね。「夫は死なない」と思うとつい保険料を安くすることを考えがちですが、本当に万が一の事態になってしまった場合ある程度の余裕がないと生活がずさんでしまっては大変です。

 

そもそも夫1人分の食費がなくなったといってもすぐに生活費が70%に減るということはないはずで、光熱費などほとんど変わらない費目もあります。

 

さらに公的年金の受給額は年々下がっています。反対に社会保険料は少子高齢化のために年々上がります。物価も上昇するかもしれません。そんなことなどを考えて我が家の必要保障額プラスαで保険に加入するということを検討しましょう。

 

ギリギリの家計では残された配偶者がスキルアップのためにお金をかけて勉強したいなどと思っても生活に追われてそんな余裕はないでしょう。これでは結局安い給料のまま受け入れる他なくなってしまいます。

 

また、必要保障額については以下記事を参考にしてください。

教育費は意外とかかる!?ゆとりをもった計画が必要!

これはまず一番に意識すべき点です。世帯主が万が一亡くなってしまった場合「いくら必要」なのかを考えます。

  • 家族の生活費
  • 教育費
  • その他、子供の結婚資金等
  • 葬儀費用

先述しましたが、支出するお金を遺族年金などから入ってくるお金との差額が必要保障額です。これがいくら必要かはそれぞれご家庭によりかなり違ってくるかとは思いますが、いずれにしろ今の生活レベルを落とすことなく生活できるというのを目安とするべきでしょう。

 

教育費は進学先によって大きく異なります。それについては以下記事を参考にしてください。

学資保険に加入する場合であっても大きな金額で加入するのは考えもので、もし活用するのであれば貯蓄と併用するというのが賢い選択です。インフレになると学費もあがってしまいます。保険はインフレに弱い金融商品というのを忘れてはいけません。

 

こんなことも考えながら「いくら」必要なのかを把握していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

⒊生命保険は「いつまで」必要か

生命保険選びで後悔しないために押さえておくべき3つのポイントとは

あなたは保険は一生必要だと思っていませんか?そもそも保険というのは不測の事態に備えて加入するものですよね。なので「短期間で加入」が鉄則です。例えば、終身保険は一生涯の保障があり「お葬式代や老後の資金として活用できる」という理由で加入しがちです。

 

しかし「歳をとってからの死亡は不測の事態ではないので保険には加入しない」というのが正しい保険の考え方なのです。さらに終身保険は一生涯の保障を得られますが、保険料高いので大きな死亡保障の確保には向きません。

 

子育て世代であれば子供が就職するまでや定年退職までなど、期間を区切って加入するのがベストです。定期保険や収入保障保険なら保険料の負担もそれほど重くはありません。特にタバコを吸わず、血圧などの基準を満たしていると通常の保険よりも割安になる場合が多いです。なお、勤務先にグループ保険がある場合はそちらも検討してみてください。

 

保険は短期間で加入するように心がけることがポイントです。子供が就職するなど親としての責任を果たしたら保険は卒業です。保険を卒業するためにコツコツと準備をしなければならないのが「貯蓄」です。

 

保険に加入したつもりや見直しの結果浮いた保険料を積み立てすれば良いのです。例えば、自動積立定期預金を活用したり、投資信託や純金積立などさまざまな積立の方法があります。確定拠出年金を活用すると、払い込んだ時と受け取るときの両方で税金が低くなるなどのメリットがあります。

ライフステージで「いつまで」が変わる!?

年齢や家族の構成、そしてライフステージに応じて必要保障額や加入する保険は変わってきます。基本的に独身で扶養している方がいない場合は保険に入る必要がありません。しかしもし山登りやスポーツが趣味の場合などは傷害保険や山岳保険などに加入すると良いでしょう。

 

都道府県民共済に加入するのも一つの手です。1ヶ月の掛け金2000円で医療保障と死亡保障が同時に手に入ります。

 

また、子供がいない夫婦であればそれほど大きな保障はいりません。将来子供が誕生すると世帯主の責任はとても大きくなります。子供が就職をするまでなどを目安にある程度大きめな死亡保障が必要になります。

 

定年退職まであとわずかで子供の手も離れたというのであれば、死亡保障はそろそろ終わりに近づいてきます。このころになると老後のことや死亡するということを考える時期になります。老後の不安からつい医療保険や終身保険、個人年金保険といった商品に加入したくなるかもしれません。しかし先述しましたが、老後は老後でインフレ対策になる金融商品を使って貯蓄するのが良いしょう。

 

保険は打ち出の小槌ではありません。老後の医療費は心配ではありますが、圧倒的に通院の方が多く入院する可能性は低いものです。医療保険はそもそも入院しなければ1円も支払われないですしね。医療保険の保険料を何百万円も支払ったのに老衰や事故で即死ということもあるかもしれません。そんなことを考えながら老後の資金、介護といったことまで総合的に検討してみましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です